スキップしてメイン コンテンツに移動

四国横断キャノンボールランは延期です。(>_<)

3月24日~25日にかけて四国横断キャノンボールランに再挑戦するつもりだったのですが、義父の四十九日と重なってしまったので実行は日を改めて行うことにします。

4月22日の「チャレンジ富士五湖100km」を皮切りに5月に「とくしま100kmウルトラマラソンごっこ2」と「えびすだいこく100km」、6月上旬に「しまなみ海道ウルトラ遠足」と大会にエントリーしているのでスケジュール的にかなりタイトです。6月中旬以降だと暑すぎるので涼しくなる秋まで待ってチャレンジするか、「チャレンジ富士五湖100kmの前」に走ってしまうか迷ってます。

3月は予定が詰まっているので前倒しで走るとすれば4月1日。気温的にはちょうどよい季節ですし、エイプリルフールにバカをするのもいいかもしれません。

ただ今の走力ではとても完走できそうになく、がんばって走り込みをする必要がありそうです。

たとえばウルトラ100kmを完走することが目的であれば特別なことをしなくても今の走力、練習量、練習方法でも12時間くらいで完走は出来ると思います。でも180~200kmを走る脚を作るためやサブ10で走る脚づくりとなると今の練習方法や練習量ではキビシイ。やはりある程度まとまった距離を踏む練習を繰り返して距離脚をつくる必要がありそうです。

距離脚をつくるために25km超のロングペース走と翌日の3時間LSD走を組み合わせた練習を行ってみるつもりです。ロングペース走は走り終わったときにまだ余力が残っている程度のペースを想定。最初はキロ5分半あたりから入ってみます。翌日のLSD走はキロ6分~6分半。2日続けて行うことで疲労の残った状態から距離を踏む練習です。これが正しいのかどうか判りませんが春先のウルトラマラソンシーズンに突入するまではこの練習方法を取り入れてやってみるつもりです。

ロング走に備えて大きめのウエストポーチを購入しました。これでボトルとiPhoneを無理なく収納できそうです。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。