スキップしてメイン コンテンツに移動

マラソン前の下剤はNGです。

海部川風流マラソン、タイム的にはメタメタになりましたがとりあえず完走しました。

昨年秋のとくしまマラソンは妻の伴走だったこともあり、タイムを意識して走るフルマラソンとしては1年前の海部川風流マラソン以来です。

直前にデブってしまったこともありタイム的には多くを期待していませんでした。が、一応設定として考えていたのはHR150台からHR160前後まで、もしくはペースはキロ4分半程度で苦しくなければ強度のキツイ方の条件で押していくというものです。

2週間ほど前からお腹の調子があまりよくなくって便秘気味になっていました。先週、義父の葬儀で帰省していた頃からさらに調子が悪くなって体重が激増。それが昨日まで続いていました。あまりにもお腹が気持ち悪いので昨日妻に便秘薬を買ってきてもらって試してみたんです。

1回3錠が目安のようですが昨日飲んだ限りでは効果がなかったので、今朝早めに起床して3時40分に水と便秘薬を再び飲みました。昨夜は便秘薬の効果がなかったので昨日の夕食は栄養分はしっかり吸収されているだろうという予想と、今朝クスリを飲んだ直後に食事をとったとしても朝食で食べたものは胃の中にとどまっているのでクスリの影響で下してしまうことはないだろうという考えです。

しかしこれがアマかった。今日はクスリの効果が出て便秘自体は解消されたのですが今度は逆にお腹が緩く立ちくらみ気味。実際走り始めてお腹を下してしまうのも困るので朝食後はスタートまで水分補給と食事の補給は控えました。

スタート直後はあまりおなかの影響をうけることもなく予定通りのペースで進むことが出来ました。ハーフまでは4分25秒程度のペースです。予定より若干早いペース、若干高い心拍数でしたが、いつものフルマラソン時のように息があがってくることもなく、普段通りの呼吸で走れていたのでこのペースのまま押していきました。

19kmあたりからちょっとお腹がぺこぺこでエネルギーが枯渇した状態になってきて体の動きが止まってきます。20km地点を過ぎたところで最初のストップ。早くも歩き&立ち止まり混じりのランです。なんとか折り返して27kmまで来たのですが目眩がして長い時間ストップ。バイクの救護班の方に指示されて下に座って休みます。あまりにも気分がわるいのでいっそリタイアしようと思い救護班の方にどうすればいいか尋ねましたが、救護車に来てもらってそれに乗って帰るようです。海部川のコースは2車線共にランナーが走っているので片側の車線が車が通れるようになるまで(つまり最後尾のランナーが通り過ぎるまで)待ってなきゃいけなさそうです(聞いてはいませんが)。今日はとにかく寒かったのでこんな寒い中でずっと止まって待っているくらいならゆっくりでも走ってゴールしたほうが早く休めると思って再スタートです。

ハーフまでが1時間32〜33分くらいで走っているはずなので(計算してないのであてずっぽうです)、ここからゆっくり歩き混じりで帰っても4時間以内にはゴールできるはずです。ただエネルギーが枯渇しているのでエイドではひたすら食べて、飲んで、そのあとはノロノロ走りです。一旦止まりグセがつくと続けて走れなくなってしまいます。もともと根性が無いのでなおさらです。途中多くのランナーと地元の方の応援に支えられながらどうにかゴールまで辿り着きました。タイムはネットで3時間44分02秒でした。ワーストもしくはセカンドワーストですが体調はともかく大会はとても楽しめたので満足しています。

今回はとにかくエンジョイしたかったので沿道の学生の応援、いけるところは全てハイタッチしていきました。あとエイドで「ありがとう」と「行ってきます」の挨拶、コミュニケーションがあってとても楽しかったです。

あ、そうそう伊勢エビの味噌汁、今年は身がたっぷり入っていてアタリでした。あのエビだけで海部まで行った甲斐がありました。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。