スキップしてメイン コンテンツに移動

ロング走中心のメニューのメリット

ロングジョグの予定だったけれど今日は休みます。
週末高知に帰省するでラン予定を変更。変更した予定は

金曜日 キロ5分 ペース走 20km
土曜日 トレラン+ジョグ 20km
日曜日 ロングペース走 35km

今日は時間的にも体力的にも余裕があるのでロング走は可能なんだけれど、ロングを走る日数が増えてくると他のことが何も出来なくなってくる。…ロング走は時間喰い虫だから。だからロングは週4回までにすることにした。なので今日は日数調整の意味で休みです。

週4回のラン、週100km~140kmが今のラントレで目安にしているところです。まだ始めて間もないメニューだけどいくつかの効果(メリット)がありました。

ひとつは距離を走ることを苦に思わなくなったこと。いつも10kmランばかりしているといざ30km走るとなると身構えてしまいます。でも30kmランもいつものメニューにしてしまえばそれほど長いと感じることはなく当たり前の距離としてとらえることが出来るようになります。

そして距離を走ってもダメージが残らなくなってきたこと。週4回…といってもまだ6,7回しか走ってませんが…ロングを走っていると体が慣れてくるのか走り終わった後に足に乳酸がたまったような痛みや筋肉痛、足が痙ったりすることがなくなりました。距離に対する耐性がついてきたのかもしれません。

失速しなくなった。フルマラソンの大会で走るときとは全くペースが違いますがいつもフルマラソンでは30km前後で苦しくなり必ず止まったり歩きが入ったりしていました。でもロングペース走のときは止まることは基本的にありません。ゆっくり走っているので走りきれるということは間違いないのですが逆にいえば走りきるためのペースを理解するのにとてもよい練習ということになります。めいっぱいのスピードで走り我慢できるところまで突っ込んでいくというやり方よりも、無理なく走りきれるペースを徐々にペースアップしていくというボトムアップのほうが結果的によいタイムになるかもしれません。

以上3点、ロング中心のあたらしい練習方法にして気がついたことです。

ずっと前に買った小型ムービーカメラですがまだ使ったことがありません。今週末の鍛冶ゲ峰ランのときにサンバイザーに装着して撮影してみようと思います。



このブログは下記のアドレスに引っ越します。  facebookをご利用でない方でも見ることが出来ます。
 いいね!を押していただければ
 コメント、投稿、マラニックの参加申込等ができます。
 -----------------------------------
http://www.facebook.com/ulkatsurun 
------------------------------------

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。