スキップしてメイン コンテンツに移動

坂道でどれだけスピードをロスするのか気になる

いつもラントレをしているコースはほぼ完全フラット。なのでアップダウンのあるコースはとてもニガテです。けれどウルトラマラソンになるとほぼ確実にアップダウンはあるわけで坂から逃げてばかりでは居られません。

対策として坂道走を取り入れていく必要があるのはもちろんですが、一体坂でどれほどペースが遅くなり、タイムに影響するのかを把握しておく必要もあります。

たとえば昨年の丹後ウルトラのコースをみれば登りは1540mです。平均斜度が4.8%…ざっくりと考えて5%の平均斜度です。5%ということは1km進む毎に50m登ることになりますから

1540 ÷ 50  = おおよそ31

つまり区間にして31kmもの区間で平均斜度5%の登りがあり、そのぶんペースも落ちることになります。

そこで知りたいのは、同じ心拍数を維持したとしてフラットと5%の傾斜ではどれだけペースが変わってくるか、また同じペースを維持したとしてどれだけ心拍数が変わってくるかです。

これがわかれば出場する大会のコースを確認すればおおよその(登りによる)タイムロスを計算することが出来るようになるはずです。

近いうちにトレッドミルを使って測定してみるつもりです。
結果はいずれまた。

このブログは下記のアドレスに引っ越します。
 facebookをご利用でない方でも見ることが出来ます。
 いいね!を押していただければ コメント、投稿、マラニックの参加申込等ができます。
-----------------------------------------------------
http://www.facebook.com/ulkatsurun 
-----------------------------------------------------

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。