スキップしてメイン コンテンツに移動

チャレンジ富士五湖100km、完走しました。

チャレンジ富士五湖100kmの報告です。ゴールタイムは9時間40分。目標にしていたサブ10.5をクリアすることが出来ました。

当日朝の天候は風はそれほどないものの気温が低く3℃、スタート時のウェアはファイントラックのパワーメッシュ、コンプレッション系の長袖アンダー、Tシャツ、ァイントラックのニュウモラップジャケットをチョイス。かなり濃厚な靄がかかっていたので撥水性のあるウェアでないと濡れて体を冷やしてしまいそうだったからです。あと手袋は冬用の厚手のものをチョイスし薄いラン用の手袋は50km地点のエイドにファイントラックのドラウトセンサー長袖と一緒に預けることにしました。


ペースは心拍数ベースで140~150までを意識して走ることにします。当然登りではスピードがガクンと落ちるので一気に周りに置き去りにされてしまうのですが周りにつられてペースを上げないようひたすら心拍イーブンを心がけて走りました。


27km地点の脱ぎ捨てエイド通過時はまだ肌寒く気温が暖かくなってきたと感じた50km地点のエイドでニュウモラップジャケットと手袋を脱いで荷物に預けたのですが、このあと再び気温が下がりはじめてしまいます。手袋を預けてしまったせいでとかく指先が冷えてしまい指の感覚がなくなってしまいました。


40km付近から市街地を走行するコースとなるのですが、このあたりはとても走りづらかったです。歩道を走るように指示されるのですが(交通量の多い市街地で側道も狭くクルマやバイクが走っているので当然ですが)とにかく歩道が狭い。まだこのあたりではあまりバラけてないのでランナーの人数も多く、狭い歩道では前後が詰まってしまい自分のペースで走ることができません。歩道特有の小さな登り下りや舗装の悪いところも多くストレスが溜まります。またこの区間はとにかく信号が多く何度も信号に引っかかってしまいました。一番長いところの信号は約2分ほどの待ちだった気がします。結局信号での停止時間は全部足すと8分~10分ぐらいはあったような気がします。


信号と各エイド以外で止まったのは、トイレ2回、シューズに入った小石をとるために2回、自動販売機でスポーツドリンク購入2回、足が攣ってストレッチ1回、完全に攣ってしばらく動けなくなる1回です。スポーツドリンク購入したのは1回ですが、もう1回は買うつもりで止まったけれど自販が動いてなかったので買えませんでした。(^^)


心拍数140~150の状態での平地のペースは最初の40kmがキロ5’20”くらい、70kmまでがキロ5’30”くらい、90kmまでが5’45”くらいです。登り区間は心拍数イーブンを心がけたためペースは相当落ち込んでいます。


とにかく5’30”イーブンでどこまでいけるか(心拍を維持したまま)ということだけを意識していました。まずはフルマラソンまで(42kmは3:45くらい)、その後は半分の50kmまで、さらに貯金を増やせるようにあと10km粘ろう(キロ6分、10時間に対して)という気持ちで走りました。キロ5'30"が苦しくなったあともキロ6'00"以内でどこまでいけるか、と気持ちを切り替えて粘りました。


思ったよりも落ち込みがなかったので9時間20分くらいは狙えるかも、と色気を出したのですが93kmでいきなりガツンと右足アキレス腱が攣ってしまいます。兆候もなくいきなりで防御不能なかんじです。疲れている上に冷やしてしまったせいですね。腱が切れてしまうんじゃないかというような痛みで走ろうとしても足首が曲がらないのでまともなフォームで走ることができません。まともに動けないのでサブ10も諦めて歩こうかとも思いましたが、地元開催のとくしまマラソンに出場せずにわざわざウルトラを走りたくてここ富士五湖まで来たんです。トラブルもウルトラのうち、攣ってしまうのも実力のうち、不格好でも歩かずに走ろうと思い無理やり93kmからゴール手前の上り坂が始まるまでは脚を引きずりながら走りました。




攣った脚での上り坂はきつかったですが元々正しいフォームで走ることができたとしても心拍数を意識するとゆっくりペースでしか進めないので、攣った足の状態でもそれほどペースは変わらなかったので気がラクでした。また登り坂の傾斜がアキレス腱に対するストレッチになってくれたこともあって登りきったところでは痛みはありますがなんとか走れる状態に戻っていました。


ゴールまでの下り坂は本当に気持ちよく走れました。目標にしていたタイムをクリアしたよ転びはもちろんですが、足が攣って立ちどまってしまった以外は上り坂も含めて全て走りきったこと、自分の設定したペース思い描いたプランどうりに走りきったことに大満足です。


チャレンジ富士五湖、思い出に残る大会になりました。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。