スキップしてメイン コンテンツに移動

構えてしまうのはやめよう

反省、後悔ではないけれどキャノンボールランについて思い直したことを少し。

構えてしまうのはやめようということ。

今更のいっても仕方ないけれどジツは先日のキャノンボールラン、走る直前まで天候が回復せずかなりの悪天候だったためあまり乗り気がしなかった。もちろんチャレンジする事自体は楽しみだったけれど、雨と風がとてもニガテなボクとしては当日のコンディションではとてもつらい時間…つまり楽しくない時間になるのが想像できたのでテンションは下がっていた。

ボクは所詮市民ファンランナーだし、なにかを期待されたり、背負って走るわけでもない。それにキャノンボールラン自体じぶんの中の企画なワケだからこの日走らなくたってエントリーフィーが無駄になるわけでもない。今、冷静に考えると走るスケジュールに合わせて有休を取ってること以外無理して走る理由なんてほとんどなかった。

ボクにとってのランニングの価値は第一にたのしさ、第二に健康、だ。誰かに「がんばったね」とか「すごいね」って言って欲しくて走っているわけじゃない。でもみんなが「がんばれー」っていっぱい言ってくれたらついなんのために走っているかを忘れてしまい、「がんばったね」と言って欲しくて柄にもなくがんばろうとしてしまう…そんな心理があったのだろう、きっと。

楽しいと思えないロングランはストイックな苦行でしかない。やり遂げてはじめて達成感という満足を味わえる。これはフルマラソンで自己ベストを狙うランナーの苦しさとなんら変わらない。目標を高く掲げれば掲げるほど苦しみが増すランがいやでファンランをしているのにいつしかロングランでも同じ事をしていた自分に気がついた。タイムや距離、目標を設定して走ること全てがイヤなわけじゃないけれど、旅や冒険のようなロング走は自由気ままに好きなように走る方がきっと楽しい。

キャノンボールラン、次走るときははリベンジとか思わずロング走の延長のつもりで自分が楽しく走ることが出来る範囲でいけるところまで行ってみよう、と時間の空いたときのちょっとしたアソビゴコロのつもりで構えずに走ってみよう。

気負わずにもう一度走ってみよう、と思う。思い立った土曜日に高速バスに乗って松山まで行き、ウエストポーチ1個だけの身軽な装備でランを愉しもう。翌朝まででつぶれたって一晩かけたロング走だと思えばどうってことない。池田までさえ帰ってきてたらJRに乗ればすぐに徳島まで一人で帰ってこられる。

四国横断するからといって構えることない。暇なときにちょっとした冒険心でチャレンジする…それくらいがちょうどいいんだ。うん、そう思う。



このブログは下記のアドレスに引っ越します。
 facebookをご利用でない方でも見ることが出来ます。
 下記アドレスのリンク先でいいね!を押していただければ
 コメント、投稿、マラニックの参加申込等ができます。
 -----------------------------------
http://www.facebook.com/ulkatsurun 
------------------------------------

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。