スキップしてメイン コンテンツに移動

チャレンジ富士五湖の雨、寒さ対策が決まりました。

雨と低気温が予想されるチャレンジ富士五湖ですが、なんとか安心できるレベルの対策を用意することが出来ました。

まず天気予報では一応曇り後雨となっていますが、スタート時から雨が降ることも十分予想されます。さらに、あくまでも自分自身の予想ですがスタート前の気温は1~3℃を想定、日中の最高気温は10℃~15℃を想定しました。この気温条件での雨対策を考えました。

スタート時 曇りの場合

●気温低め 

身体にはホットクリームを塗る。ウェアはファイントラックのパワーメッシュ。コンプレッション系の長袖アンダー、Tシャツ、ファイントラックのドラウトセンサー長袖、雨対策としてウエストポーチにビニールポンチョ(袖無し)、手袋、ビニール手袋、帽子

もし途中で雨が降ってきたら袖部分が濡れるのはガマンです。気温が若干上がってくるはずの27km地点の脱ぎ捨てエイドでドラウトウェアを脱ぎ捨てます。

●気温高め

基本は上と一緒ですが、長袖アンダーもしくはドラウトセンサーのいずれかを減らします。


スタート時 雨の場合

●気温低めでも高めでも

本降りでなく小雨の場合は、上記のウェア構成のうちドラウトセンサーをファイントラックのニュウモラップジャケットに変更。ニュウモラップは防風、撥水性があるので小雨程度なら身体を冷やさずに守ってくれるはずです。


いずれの条件でも共通して行う雨対策はホットクリームを身体に塗ること、50km地点の荷物預け所にレインウェア(トレントフライヤー)を預けておくこと、RxLソックスを履くこと、ウエストポーチにビニールポンチョを持っておくことです。またウェアを脱ぎ捨てたり、レインウェアを着る必要があることも考えてゼッケンはTシャツにはつけず、ゼッケンホルダーにつけて腰に巻くようにします。

あと雨だとiPhoneは置いていくしかないですね。残念ですけど。
以上、富士五湖の防寒、雨対策の装備予定でした。








このブログは下記のアドレスに引っ越します。
 facebookをご利用でない方でも見ることが出来ます。
 下記アドレスのリンク先でいいね!を押していただければ
 コメント、投稿、マラニックの参加申込等ができます。
 -----------------------------------
http://www.facebook.com/ulkatsurun 
------------------------------------

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。