スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

通勤ライドが快感になってきた。

なんてことだ、自転車がこんなに愉しいなんて…。
いやー、にわかにハマりまくってますよ、通勤ライド。

今までのトライアスロンが近づいてきたからとりあえず乗っておかないと…みたいな

自転車=消極的いやいや有酸素運動

でなく、今日はどこ遠回りして帰ろうかな、ってなかんじで

自転車=おたのしみ有酸素運動

に昇格しちゃった。


とりあえず来月には日和佐うみがめトライアスロンがあるので自転車慣れしとかなきゃいけないし、丹後までには体脂肪率も一ケタ台に入るくらいまで落としておきたい。もっといえば自転車はランの上りと使う筋肉が近いというから、せっせと通勤ライドで距離を稼いでおけばひょっとして苦手な上りが少しは進歩するかもしれない。いろいろ効果が見込めそうなのもモチベーションアップのポイント。

バイクの世界では月間1000kmをイスカンダルと呼ぶらしいが、このイスカンダルが7月の目標。通勤ライド往復54km、ちょっと寄り道でひと山超えてくれば60kmは稼げる。月に20日通勤ライドすればイスカンダル達成できる。これ7月の目標にする。

で、走行距離の累計をとりたいのだけれどGARMINは充電することを忘れることが多いし、電源ONからGPSをつかむまで時間がかかることもあるのでGARMINベースで累計をとるのはちょっとむつかしい。

となるとやはりiPhoneアプリ。

Runmeterはバッテリーの持ちもいいし使い慣れているので本当はこれがベスト。ただアクティビティでBikeを選択することは出来るけど、たしか累計走行距離ではバイクもランも合算されたような気がする。(未確認)アプリを立ち上げていちいちアクティビティを変更するのもメンドウなので別アプリを使ったほうがよさげです。


いきなり有料アプリを購入するのもアレなんで、まずはEndomondoという無料アプリを使用してみよう。

SPDサンダル、はじめました。

本当は日和佐のトライアスロンコース実走に行きたかったんですけどすっきりした天気じゃなかったので中止して通勤ライドに切り替えました。

今日は通勤途中に大神子ほうめんからひのみねのてっぺんまで2本上ってから出勤です。あいかわらず上手に上る方法は判らないですが、平地で乗るぶんにはずいぶんラクになりました。背中を真っ直ぐに伸び上がるようにすることで手に加重することもなくなったしペダリングもスムーズになってきました。なにより首が疲れることがなくなりました。このフォームが本当に正しいのかは判らないですがしばらくこのフォームでいくつもりです。

あと今日はペダリングを意識しました。かかとを下げないように、11時から2時までを前に送ろうと意識するあまりつま先(靴の前部分)でペダルを押し下げるように踏んでいましたが拇指球を意識して踏むように変更しました。しっかりチカラが加わるようになった気がします。

そうだ、今日からSPDサンダルで通勤です。もともと雨対策に、と購入したものですが涼しいので夏場の通勤ライドにも重宝しそうです。雨対策、暑さ対策がしっかりできれば夏場も通勤ライドを継続できそうなので月間800~1000kmを目標に継続していくつもりです。

ここ2日のバイクとランの覚え書き

まずバイク。

だいたい30km/hペースでHR130~140くらい。ギアとケイデンスは不明。心肺的にはかなり余裕があるけれど同じペースで走っていると脚が苦しくなってくる。あきらかに脚筋力不足。1ヶ月で斤量を増やすことは出来ないけれど今よりは絶える脚、動く脚にはできるはず。とにかく乗る時間を増やすしかない。

つぎにラン。

足首の痛みがほぼ解消されたので10日ぶりのラン。フォアフットランを意識して走ってみた。キロ4分ちょいくらいで入ったけれど2kmもいかずに心肺が売り切れ。歩いて心拍数が120以下に戻ったら再びペースを上げてランの繰り返し。4kmほどでふくらはぎに筋肉痛を感じるようになった。この走り方でいつもの距離を走るのはまだむつかしい。

ラン後半からかかとが痛くなってきた。つま先だけで走るとかかとの骨棘の部分にすごく負担がかかる。ラン終了後シューズを脱いでかかとに触れてみたけれど、触れるだけでかなり痛い。あまり負荷をかけすぎて骨棘の先がパキッと折れてしまうのが怖い。前に折れてしまったとき、かなり長期間痛みが続いて走れなかったんだよな…。

それともうひとつバイク。

雨の中、バイクに乗ったせいでサドルの表皮が剥げてきてしまった。濡れたせいでボンドが剥離してしまったようだ。応急処置的にボンドで止めようとしてみたけれど、金属のステー部分にうまくくっついてくれない。またすぐに剥がれてきそうなのでシートの購入を検討することにする。

雨の通勤対策

ヘンにもったい病が発症してしまいました。雨になるのが判ったイルから

ゴアッテックスのトレントフライヤーを持ってくればいいのに、サドルでパンツ部分が擦れるのを嫌ってニューバランスの七分丈のレインウェアを持ってきました。使わないとイミないじゃん…。

ニューバランスのレインウェアは半袖&七分丈で一見すると涼しそうなのですがレインウェアの中はけっこう蒸れ蒸れです。べっとりと汗を掻くのでヘタをすると雨に濡れた方がいっそ気持ちよいかもしれません。

カラダのほうは濡れてもいいのですが サイフや手帳、iPhoneは濡れたら困るので久々にORTLIEBのメッセンジャーバッグを使うことにしました。

このバッグの防水性は素晴らしく生地部分からの浸水が皆無なのはもちろんファスナー部からの浸水もまったく心配ありません。鞄を膨らませた状態でファスナーをきっちり閉めきり、その鞄を手で押してみるとまるで浮き袋のようになっています。空気を漏らさないほどの密閉性があるので雨の日の通勤にはピッタリです。

実際に使用しているものは白地の部分がずいぶん汚れているのですが、汚れのお年方が判らないのでそのまま使っています。ま、実用にはまったく問題がないのですけれど…。


通勤ライドひのみねコース

結局いつものバイクで通勤ライドしました。
雨のあと、スプロケやリムまわりを水洗いはできなけれど軽く拭いてチェーンオイルを挿すくらいはしておくつもりです。大会前になったら自転車屋さんにメンテナンスを頼めばいいや、と他力本願で。(^^;)

昨日は帰り道、少し遠回りしてひのみねに上ってきました。が、残念ながら気づきはナシ。上るに精一杯でどうすればラクに踏めるかはわからなかったです。あえていうならば下を向いたり上半身に力が入ってしまうと苦しくなる、ということと、ペダリングで踏み下ろしたあと6時から9時のあたりの推進力がなくギクシャクしてしまうということ。ヒルクライムの道は険しいです。

通勤ライドでひのみねコースを入れると約31km。いつもの通勤時間+30分で廻ることができるので時間のあるときは寄り道して帰るようにします。

それにしてもこのコース、キツいです。日赤病院側からの上り、おそらく平均で12~13%の斜度なんじゃないでしょうか。この坂をしっかり踏んで登れるようになりたいな。

雨の通勤ライド、どうする?

多少の雨でも通勤ライドを続行しようと昨日決意したばかりですが、天気予報を見ると明日の夕方は強雨…。

マンション住まいなのでバイクを水洗いすることのできる環境がなく、雨の日はどうしても躊躇してしまいます。まぁ弱い雨でも強い雨でも一緒なんですけれど。

妻用のフラットバーロードというか街乗り自転車?アビオスのシート等を調整して乗ったほうがいいのかな、と迷っています。ポジションが変わるからあんまり意味ないのかな…。

ライドフォームの気づき

自転車自転車自転車…。
今日ちょっとだけ気づきがあった。

乗車フォーム、いつもハンドルが遠く感じたり、腕に荷重がかかっていたり、骨盤を立てるイメージがわからなかったりしたけれど、背伸びするように骨盤を上に引き伸ばす感じを意識したらずいぶんいいフォームになってきた…気がする。あるまでも自己評価ですが。(^^;)

しっかり骨盤を立てて脚の可動域を広くとれるようにして窮屈さをなくす。ペダルの上にしっかり重心をのせてチカラを逃がさない。


とりあえず今日の気づきはここまで。
正しいかどうかは分からないけれど。





日和佐試走してきました。

GARMINのデータで確認してみると、去年日和佐うみがめトライアスロンで実走したバイクのタイムは1時間26分19秒。このタイムはスイムからバイク、またバイクからランへのトランジットのタイムは含んでない。純粋にラインを超えてバイクを踏み始めてからラインで降りるまでのタイム。

今日は道の駅にクルマを止めて国道から南阿波さんラインに入っていったけれど、本来のコースと合流するところに小さな橋があるのでそこからタイムを計測した。

ちなみに昨年の実走データではバイクスタートからその橋まで約2.6km、時間にして4分50秒ほどかかっている。まるめて5分で計算するとして往復で10分。この10分を1時間26分19秒から引くと1時間16分19秒となる。

このタイムが今日のターゲット。
で、往復の合計タイムは1時間15分22秒でした。でもこのタイムは往路が終わっていったん休憩してからのタイム。あとムービーを撮るつもりでビデオカメラをセットしていたのだけれどアタッチメントが折れてしまいカメラを落としてしまったのでその回収に1分少々のロスあり。

それらを考慮するとタイムとしてはほぼ昨年どおりといったところか。
まぁ、去年もほぼぶっつけ本番でバイク練はほとんどしてなかったので、今とレベルが変わらないのも当然かも。(^^;)

目標は一応、この区間の計測で1時間10分!…ということにしておこう。

ロングを走りたいです。

なんだかんだで早くも1週間ランをサボっています。といってトライアスロンに向けてバイク練習をしているわけでもなくただの怠けです。そろそろ動き出さないとマズいです。(^^;)

サボっているのはともかくとして、
1ヶ月後にトライアスロンが控えているのもともかくとして、
あたまの中はロングを走ることばかり考えています。
今アタマにあるのはやり残したキャノンボールラン。


今からの季節だとウェアは短パン&Tシャツのみで大丈夫でしょう。夜間の冷え込みにはウインドブレーカー1枚持っていればいけるはず。となると荷物も大幅に減らすことが出来るのでボトルポーチのみで走れるかも、なんと想像が膨らみます。

2本差しのボトルポーチを購入しました。
1本はもちろんペットボトル、もう片方のボトルスペースにiPhoneやガーミン用の補助バッテリー電源ケーブルを突っ込めば、あとはお金とEdyと塩カプセルカーボショッツ、そしてウィンドブレーカーのみ。かなり装備を軽くして挑むことが出来ます。

イメージしてるのは土曜日の仕事終了後、高速バスに乗り松山駅に移動。バスの中で仮眠を取り到着と同時にスタート。道後温泉をまわり当初予定のキャノンボールランのコースを逆走します。徳島駅、鷲の門広場を目指し、そしてそこから自宅まで自走。距離にして195kmほどになります。

問題はいつ走るか。7~9月はさすがに暑くて無理でしょうからやるとすれば6月か10~11月。
カレンダーとにらめっこです。

バイク練絶賛サボり中

やるやる詐欺は毎年のことですがバイク練に足が向きません。なんでだろう?自転車に乗ることが嫌いではないのですがなんか億劫に感じてしまいます。
トレに使える時間があればランのほうをしたいという気持ちが強いっていうのがひとつ。では通勤を通勤ライドに変えてしまえばというアイデアも、朝もう少しだけ寝たいと思う気持ちやバイク(単車)でささっと早く帰ってきたいという気持ちが勝ってしまいなかなか実現せず。
ちょっと天気が悪かったりすると自転車を濡らしてしまうと(マンションでは)メンテナンスが大変だからとやはり乗る気にならなかったり…とにかく乗らない理由ばかり探している気がします。
キライじゃないけど好きじゃない…きっとそんな位置づけなんでしょうね。 だれかバイクの楽しさ教えてください。(^^;)


日和佐うみがめトライアスロンの目標

予定していたウルトラの大会がすべて終わったのでそろそろ日和佐うみがめトライアスロンに向けてバイクの練習をしなければいけない。

エントリーしてから練習を始めるならば泥縄的というのだろうけれど、エントリーから1ヶ月近く経ってからやっと練習を始めるなんてニワカっぷりはなんていえばいいのだろう。とにかくレースの日まであと40日ほどしかない。

ランナーとしても人様に自慢できるようなタイムや順位で走っているわけでなくいわゆるファンランナーなのだけれど、トライアスロンの場合はもっとビギナーよりでファントライアスリートというかにわかトライアスリートと呼ぶ方が正しい。出場したのは過去2回のみ。いずれも日和佐うみがめトライアスロンで県外の大会に出場したことはない。

1度目は3年前の出場でバイク転倒でDNF、鎖骨をやっちゃいました。2度目は去年で総合183位、タイム2:53:01.21でした。

スイム 30:01.66 264
バイク 1:32:50.73 231
ラン 50:08.81 149

というのがリザルト。ニワカトライアスリートとしてはこんなものでしょう。

今年の目標は

スイム 30分切り
バイク 90分切り
ラン 50分切り
トータル 2時間50分切り

を目標にします。
バイクが一番の課題かな…(^^;)
出来るだけ通勤で乗ります。

MINIMUS MR00は熱い!

予定していた夏前のウルトラマラソンの大会が終わったのでフォームの改善に取り組もうとMINIMUS MR00を引っ張り出してきてJOGってみました。

イメージしているフォームは前足部着地かつ接地時間が短いもの。MINIMUS MR00はそのフォーム練習にはもってこいのはず。が、問題発生です。ソールが薄いためアスファルトの熱がシューズの温度を上げてしまいます。走っていると靴底が熱く、熱と蒸れで5kmも走らないうちに足裏に水ぶくれができてしまいました。ペースをセーブするためにブレーキをかけるようにしながら走ってしまったのも原因の一つかもしれません。

夏場は夜専用にした方がいいのかな。

しまなみ海道100kmウルトラ遠足完走は「走れメロス」のおかげ

大会前日は遠足前の子供のようにあまり眠れない。今回はいつもの貧乏車中泊でなくせっかくのJR移動&ホテル泊だというのに21時に寝て22時半には目が覚めてしまい以後眠れなくなってしまった。

去年のしまなみ海道100kmウルトラ遠足のデータが見つかりました

GARMINでデータを取っていた事すら忘れてましたが去年のしまなみのデータです。

距離が106kmになっていますが本当にコースが長いのか、それともゴール後に計測を止め忘れたのかは分かりません。

ほぼ15時間近くかかっています。33km付近で脱水&尿意切迫感で走れなくなりキロ10分…つまり歩きですね…場所によってはキロ20分…止まっての休憩…が50km地点までに2カ所あります。

50km以降も前日の睡眠不足でとても眠くなりコース脇道で仮眠を取ったのが3回ほどありました。たぶん52km地点でのキロ23分、55km地点でのキロ27分、75km地点でのキロ23分が仮眠したところだと思われます。87km地点のキロ20分はエイド近くで販売していたソフトクリーム休憩かな…。それ以外にもコンビニに飛び込んでガリガリ君買ったりとかいろいろ休憩してます。93kmで選考する友人に追いつきその後一緒に走ってゴールしました。

タイムも体調もボロボロでひどいものですが、タイムをあきらめた分後半はエイドを満喫して楽しかったです。

今年はゴールで家族が待ってくれているのであまり待たせないようにベストを尽くしてゴールを目指すつもりです。けっして万全な状態ではないですが現状の走力以上の結果を高望みせず100km走りきれるギリギリのペースを考えながら走ります。家族には午後3時にゴール地点に迎えに来てもらっているので一応目標は10時間です。