スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

朝食を見直したらきっとダイエットはうまくいく!…と思う

ラン・バイクともにサボっている期間が長らく続いてたのでおなかとせなかに余分なお肉がついてきてます。ぜい肉がふえているときっておなかがチクっというか痛かゆいような感覚があって「あぁいま細胞が分裂して新たな脂肪がぞうしょくしちゃったな」みたいな感覚があるんですよね。まぁ実際はそんなことないんでしょうけれど。それでもそんな感覚を感じたときはさすがに「これはヤバイ」と危機感をもってしまいます。それだからというわけではないんですが昨夜から4連チャンで有酸素祭りの予定です。

これでばっちり!? ロングライド180km対策のために考えたボクの練習コース

五島長崎トライアスロンバイクコースの180kmを克服するためには同じだけの距離を走ってロングライドになれる必要がありそうです。

とはいってもなかなかチャンスのないロングライド。まだバイクを乗ること自体にになじみがうすいのでバイク練習のため、と構えて長い距離、長い時間を走る自信がありません。そこでなにか目的になるものがないかと考えました。

五島長崎国際トライアスロン2013で初心者(ボク)が完走できる可能性を考えてみる

まだ最終決定はしてませんが、来年夏の五島長崎トライアスロン、バラモンキングへの出場を検討しています。

ただトライアスロンの出場経験はオリンピックディスタンスに3回のみ、うち1回はDNFという経験値の少ないボクが完走できるのだろうかという不安があります。


そこで現在の自分のレベルでなにが一番強化すべきポイントなのか考えてみました。

Toupe Expertを借りてきました。

前回試し借りしていたローミン。自分なりにセッティングをしてみたものの座骨の痛さはかわらず。ずっと借りたままポジションを試し続けるわけにもいかないので返却に行ったところありがたいことに今度はToupe Expertを貸していただけました。感謝。

土佐塩の道トレイルランニングレース2012参加通知書が届きました。

ゼッケンはなんと003番!

申し込み開始とほぼ同時に急ぎメールにて申請をしたからでしょうか。若い受付番号にちょっとびっくりです。番号が小さくても速いわけじゃありません。ただ単に申し込みが早かっただけです。うれしはずかしの小さな番号ですが変に気負うことなくゆっくりと愉しんで走るつもりです。

Kindle PaperWhiteではじめて買った本はBORN TO RUNでした。

Kindle paperwhiteをビックカメラで購入しました。じつは今年春、そろそろAmazonの電子本のサービスが始まるだろうと思いフライングでkindle touch を米Amazonから購入しました。ですがせっかく日本でも正式にサービスが始まったというのにtouchは日本のAmazonでは未対応機種となり本を購入することができません。なので仕方なくpaperwhiteを購入することにしたのです。

はじめてのトレランレースでの装備を考える

12月2日にはじめてのトレイル、第1回土佐塩の道 トレイルランニングレース2012に出場します。

これまでトレイル経験はごく近場の里山で10km未満を合計4回ほど。装備もジョグの延長で走っていたのですが20km超の距離を走るとなると装備もそれなりに用意する必要がありそうです。そこで自分なりに必要だと思う装備を考えてみました。

脚を痛めずにフォアフットランをマスターするにはバイク練が最適?

またまた少しだけバイクのポジションを変更してみました。
前回いじってみたポジションは通勤時にイマイチしっくりとこなかった。具体的にはおしりがサドルの定位置にピタッと据わる感覚がなかった。固定されてキマッたかんじがなく前後に動いて不安定な感じ。好みとしてはサドル後方でカチッとセットされてそれ以上動かないような感覚が欲しい。

祝!大阪マラソン!グリコのキャラメルだけでフルマラソン完走するためにはいったいいくつキャラメルが要るのか?

つまらないネタですみません。金曜日に大阪に遊びに行ってました。で、お約束の道頓堀のグリコのネオンです。

グリコのキャラメルは一粒で300m。ということはフルマラソンを完走するためには…

月間150kmでフルマラソンを今より20分早く走れる方法(たぶん)

一昨日の10kmランのあとかかとが痛いです。両かかとにある骨棘は処置の施しようもなく上手く付き合っていくしかない状態。骨棘の痛みはフォアフットランをすると顕著になる。じゃあフォアフットやめればいいじゃん!ってのは選びづらいわけで…だってフォアフットで走りたいだもの…。この骨棘、走っているときはあまり痛まないけれど翌日以降に痛みが出てくる。

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ポジション変更してみました。

日曜日にバイクのポジションをいろいろと試してみました。バイクを買ってもう数年経つのにポジションをイジってみるのははじめてです。

1時間ぐらいいろいろ試してみてサドル高1cmアップ、サドルを5mm前へ、ハンドルをごくわずかにあおってバーの上部分が路面に水平になるよう起こしてみました。

今日通勤で乗ってみた感じではまだすこしハンドルが遠く感じます。あと5mmだけサドルを前方にずらすことができるので明日にでも試してみるつもりです。

あ、ポジションいろいろ試しているときにコケちゃいました。打ち身と擦り傷つくっちゃったのでランはお休みです。(^^;)

バイクのポジション

昨日の通勤ライドでの気づき。サドルのうしろに腰を引くとピタッと止まってきまる場所があった。
最初はすごく腰が引けてるポジションに思えたけれど、踏んでみるととても踏みやすい…というか回しやすかった。腰が引けてると感じてるだけで実際はここが適正なポジション…かもしれない。その位置だとブラケットが少し遠く感じる。もう少し手前に持ってきたい。これ以上ハンドルをあおると下ハンドルのポジションが窮屈になりそうだからサドルを少し前方に動かしてみるといい…かもしれない。なにも考えずに何年もサドル高を変えずに乗ってきたけれど上死点手前くらいからすこし脚が窮屈に感じる。ヒザに少し余裕があるのであと2センチ近くサドルを高くすればもうすこしラクに踏める…かもしれない。バイクの経験が少ないのでなにがいい状態なのか、なにが間違っているのか判断がつきません。いろいろ試行錯誤してポジションを探ってみます。

Runmeterからの投稿

さっきためしにRunmeterからの共有でランデータを投稿してみました。以前は2バイト文字が文字化けしてたのですがいつのまにか正常に投稿できるようになってました。Runmeterが修正されたというよりはBloggerの仕様が変更されたのかもしれません。しばらくこの機能を使ってみるつもりです。

大坂峠、バイク練

ひさびさにバイク練、始動です。

昨日午後からCHULL師匠にバイクのイロハを教えていただきました。コースは大坂峠を越える60kmコース。ただでさえ運動不足のなのに、ふだん全く使わないバイクの筋肉を使ったせいで出だしからもうヘロヘロです。

通勤ライド、重い腰が上がりません。

バイクを直していただきました。キシキシ音がするのできっとネジの緩みだろうと思っていたのですがホイールが原因だったとのこと。もう買ってからかれこれ4年になるボクのオルベアですがなんとホイール前後とも保証交換と言うことで無償対応していただきました。感謝感激です。買ったっきり一度も変えたことのなかったタイヤまで新しいものに変えていただいて申し訳なさでいっぱいであります。ナカニシサイクルさん、ほんとにありがとうございました。

バイクは買ってはみたもののほぼトライアスロン出場前後以外は乗ってません。おそらく 乗ってるのは年間で10日ほどでしょうか。高いおもちゃですね。もっとバイクを楽しみたいという気持ちもあるのです。ですが空いた時間があれば得意な方…というか気軽なランに出かけてしまいます。

でも来年、できればロングティスタンスに出たいと思っているので自転車力向上は必須テーマです。練習としてまとまった時間をとることはむつかしいかもしれませんが、とりあえず通勤ライドで脚慣らしをしていくつもりです。今朝も通勤ライドのつもりで駐車場に行ったのですが(ボクのバイクはモビスパの荷室に放り込んでるんです) クルマの鍵を忘れてきてしまいました。結局テンションだだ下がりでジ・エンドです。通勤手段にクルマ、オートバイ、バイクと選択肢が多いのはいいことなのですが、それぞれ通勤時に準備するものが違ってけっこうメンドウなのです。バイクの場合は、ヘルメット、バイクグローブ、防寒ウェア、シューズ、ショルダー部をルーズにしたメッセンジャーバッグ、そしてバイクの鍵+家の鍵、です。クルマの場合は比較的自由なのですが天候が悪いときもしくは持ち物が多いときに利用するので傘とバッグが変わったりします。そしてバイク、ウェア一式、着替えの下着、ヘルメット、サングラス、シューズ、手袋、メッセンジャーバッグ、バイクのチェーンロック鍵、そして自宅+クルマの鍵。さらにiPhoneのbluetoothセンサーやハートレイトモニタなど。毎日乗っているとルーティン化して間違えることも少ないのですがたまにしか乗らないと何かを忘れてしまいます。モビスパを止めている駐車場はマンションから少し離れているので鍵を忘れてしまうと特に心理的ダメージがデカいんです。そんなワケで今日は撃沈しました。

週末は忙しいのでバイクには乗ることができません。来週から…

来週からラン&バイク再開します。

ふだんロクに乗らないくせに、バイク用のウィンターグローブ&シューズカバー&ウィンターパンツを購入しました。あんまり使わないかもしれないからブランドじゃない安いヤツです。

バイクに乗る理由は2つ。

ひとつは8月以降ほとんどラントレもせずに今に至ったのでちょっとカラダがたるんでしまっていること。来週からランを再開するつもりですが通勤ライドも併せて取り入れることでカラダを引き締めていこうという作戦。

もうひとつは来年の五島長崎国際トライアスロン出場に向けて(あくまでも本人予定ですが)バイク慣れをしようということ。バイクはいつも後回しなのでホントに乗れないんです。すぐに疲れるしスピードも出てない。ひと冬自転車で越せば少しは上達するのかな、と。毎日乗るほどの根性はありませんが週3回は通勤ライド!のつもりでがんばってみます。

来年のエントリー予定など

今年は欲張って大会にエントリーしすぎました。2月 海部川風流マラソン
3月 吉野川リバーサイドハーフ
4月 チャレンジ富士五湖ロードレース100km
5月 えびすだいこく100kmウルトラマラソン
6月 しまなみ海道100kmウルトラ遠足
7月 日和佐うみがめトライアスロン
9月 丹後100kmウルトラマラソン
10月 四万十川100kmウルトラマラソン
12月 塩の道トレイルラン もっと多くの大会にエントリーされている方もいらっしゃるのでしょうがボクにとっては今年はがんばりすぎ、忙しすぎでした。自分にとっての適量は2ヶ月に1度くらい、年間6回までのような気がします。来年はすでに海部川風流マラソンを申し込んでいます。ざっとエントリーを予定している大会を上げてみると…2月 海部川風流マラソン
4月 とくしまマラソン
6月 五島長崎国際トライアスロン
7月 日和佐うみがめトライアスロン
9月 丹後100kmウルトラマラソン 4月のとくしまマラソン、今年はエントリー合戦がさらに加熱しそうです。エントリー合戦に敗れるようなら代替え大会として四万十川桜マラソンもしくはその他の大会を入れるかもしれません。今年の最大の目標は五島長崎国際トライアスロン。エントリーできるかどうかまだわかりませんがロングディスタンスの完走を目指してトレーニングをしていきます。9月以降はまだ未定ですが、できればウルトラ…それもまだ走ったことのない大会を1本走りたいと考えています。

冬から春がマラソン、初夏から夏がトライアスロン、秋がウルトラ、ですね。

やっと走れる状態に戻りつつあります。

やっと各所の痛みがとれてきました。右膝の内側も、右足の甲も、左の大腿四頭筋も、痛みが治まってきました。
あと不安なのは両かかとの骨棘だけ。でもこれはよくはならないからつきあっていくしかない。

ここ数ヶ月ずっと悩まされ続けてきた痛みから解放されました。
そろそろラン再開です。
まずは、ゆっくりじっくり。
ムリをせず10kmの距離に体を慣らしていきます。

12月に塩の道トレイルランに申し込んでいるけど
これは初トレイルだし景色を楽しむファンラン。
焦点を合わせるのは2月の海部川風流マラソン。
ここを自己ベストで走れるように走り込んでいきます。