スキップしてメイン コンテンツに移動

自転車インターバル用にガーミンコネクトでワークアウトを作成してみました。

自転車通勤をするときはiPhoneアプリで走行ログをとっています。走った距離や平均速度、平均心拍数などを走行後に確認できて便利です。けれど弱点もあって走行中はiPhoneを鞄の中に入れているので常時スピードや心拍数を確認できません。スピードの確認をしたいときは腕にGARMIN310XTを着けるようにしています。


このGARMINですが自分自身で好みのワークアウトを作成できる機能があったので使ってみました。ワークアウトは310XT本体でも設定できます。ですが小さいボタンを押しながら作成するのは大変なのでGARMIN CONNECTで作成してから310XTに送ることにしました。

作ったワークアウトは以下のようなメニュー

  • ウォームアップ 5分 HR112~126
  • ウォームアップ 5分 HR126~139
  • インターバル 1km HR139~153
  • インターバル 2分  HR112~126
  • 上記インターバルを8セット

  • 残りの距離を流し  HR126~139
ウォームアップでおよそ4km、インターバルで14km程度、残り距離7km程度を流すイメージです。インターバルにしては心拍数は低めです。まだ自転車にカラダが慣れてないので慣れてくればゾーンを1ステップ分スライドさせる予定です。ちなみにボクの各ゾーンは
  • 112bpm 50%HRR
  • 126bpm 60%HRR
  • 139bpm 70%HRR
  • 153bpm 80%HRR
  • 166bpm 90%HRR
安静時心拍数45bpm 最大心拍数180bpmとして計算しています。

GARMIN CONNECTでのワークアウト作成では

ステップタイプ
  • その他
  • ウォームアップ
  • インターバル
  • 回復
  • 休息
  • クールダウン
継続時間
  • ラップボタンのオン
  • 時間
  • 距離
  • カロリー
  • エネルギー
  • 心拍数
維持目標
  • 心拍ゾーン
  • パワーゾーン
  • スピード
  • ペース
  • ケイデンス
を組み合わせて設定することでさまざまなワークアウトが作成可能となっています。いろいろなパターンのトレーニングを考えるのも楽しいですね。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。