スキップしてメイン コンテンツに移動

インターバル走には走りに余裕を生むインターチェンジ効果がある!と気づいた件

いつものペースより速いペースでペースランをこなしたあとに自分の総力のリミットが上がったように感じるときがあります。急に総力が向上するはずがないのになんとも不思議な感覚です。

高速道路を降りた直後に一般道を走るといつのまにか制限速度を超えてしまっていることがあります。しかも制限速度を超えているのにとてもゆっくりに感じてしまう…そんな現象のことをインターチェンジ効果と呼ぶようです。

このインターチェンジ効果こそがペースランの時の走力向上感ではないかと考えています。インターチェンジ効果を確かめるためにいつものコースでペースを変えながら走ってみました。

  1. ウォーミングアップ 1km
  2. キロ5分 1km
  3. キロ3分30秒 1km
  4. キロ7分 500m
  5. キロ3分30秒 1km
  6. キロ7分 500m
  7. キロ3分30秒 1km
  8. キロ7分 500m
  9. ジョグ
普段のジョグはスタートして体が温まってきたらキロ5分~4分40秒、ときおりペースを上げて4分20秒程度で走るパターン。意識してインターバルトレーニングをしたことはありません。今回のランメニューはおおよそ上記のようなもの。上記メニューはインターバルの簡略版のようなかんじでしょうか。

いつもは出さないキロ3分台半ばのペースに息が上がってしまいます。脚はもつれることはないようです。でも現状では3本が限界でした。速いペースを3本こなしたあとゆっくりレストジョグで心拍数を落ち着けたあといつものジョグペースに戻しました。

ところが自分ではいつものジョグペースに戻したつもりがGARMINを確認するとキロ4分台ひと桁、きもちよく走っているとキロ4分ジャストまで上がっていました。

速いペースに心肺が追いついてなく徐々に呼吸が浅くなってきましたがキロ4分のペースがいつものジョグのペースのように感じられて脚はスムーズに出ます。

あ、この感覚を身につけるためにインターバル走を取り入れるのか!といまさらながらその効果に気がつきました。

今回の教訓:速いペースを経験すると走りに余裕が生まれる

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。