スキップしてメイン コンテンツに移動

ランニングアプリRunmeterの「オンラインワークアウト」の使い方

お気に入りのアプリRunmeterがアップデートされてます。このアプリはボクのイチオシアプリ。今春SoftBankからauにMNPで乗り換えたのですがそのときにAndroidにするかiPhoneにするかずいぶん悩みました。最終的に判断したのはこのアプリが使えるかどうか。このアプリはiPhoneしかないんです。このアプリを使い続けたいがためにiPhoneにしました。


とても多機能でもはやこれ以上盛り込む機能は無いんじゃないかと思っていたrunmeterですが今回のアップデートでさらに次の機能を盛り込んできました。

  • オンラインワークアウト
  • パワーメーターのサポート
ほかにもいくつかの細かい機能追加があるようですが大きいところは上記2点です。パワーメーターに関してはボクのバイクには取り付けてないので試しようがありません。なので今回はオンラインワークアウトについてちょっとだけ説明します。

Runmeterはとてもすぐれたアプリでラン記録の管理の決定版といえます。ただ無理矢理ウィークポイントをさがすとすれば自分のランニング記録を他の人に公開できないことでしょうか。いや、公開できないというのは間違いです。自信のランニング記録はフェイスブックやTwitter、DailymileあるいはEmailを使って公開することができます。公開する情報は自分自身で選択することができ距離、時間、ペース、心拍数、最高ペース、googlemapへのリンク、などさまざまなデータを選ぶことができます。

ただしこれらはあくまでもテキストデータでの公開です。たとえばガーミンコネクトやRunkeeperで提供されるWEB上のグラフィカルなデータとして公開することはできませんでした。それが今回のアップデートで新たな機能としてグラフィカルなログを公開することができるようになったんです。

ちなみに公開されるデータは
のようなフォーマットになります。

ボクは以前のデータを用いて公開を試してみたのですがその手順は
  1. カレンダーで公開したいデータを選択
  2. 情報の中から「オンラインで確認」を選ぶ
  3. 表示されたらSafariボタンを押す
  4. Safariの共有から任意のものを選ぶ
といった手順になります。
Runmeterを使っている方はぜひ試してみてください。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。