スキップしてメイン コンテンツに移動

2013とくしまマラソン完走! 後半立ち止まるのをごまかすにはデジカメがいい!

出場したとくしまマラソンのご報告を。

今回は脛…シンスプリントに故障をかかえていたのでタイムは二の次、ファンランするつもりでの出場です。2月の後半から少しずつ違和感を感じていた脛ですが、とくしまマラソンの2週間前に走った松山〜三島川之江の90kmで悪化してしまいました。3月のラン回数は合計5回、直前2週間はノーランといった状況。脚を休めても脛の痛みがとれなかったので注射を射ってもらっての出場となりました。


いいタイムが望めるような状況ではないので今回はファンランとロングの練習を兼ねて走ることにします。設定は以前にも書いたとおり心拍数を指標にして160イーブンで走り続けること。まわりの人のペースや目標タイムは関係ありません。あくまでも心拍数を目標ゾーンに置いたまま走ることを目的とします。

そしてタイムを意識しないでいいぶん故障防止&ファンラン仕様で走ることにします。シューズは少し重たいけれど脚に負担の少ないサロマレーサーをチョイス。サロマレーサーはシューズの色が派手なのでそれに合わせてウェアもピンクとブルー主体のハデめの色で遊ぶことにしました。

パンツはUNIQLOのステテコ。ランニングウェアには単色が中心ばかりなのチェック柄のステテコは見た目もカジュアルで新鮮です。店頭で書かれてあった説明文「汗をかいてもサラサラ」といううたい文句を期待して購入しました。値段は800円くらいだったので、これなら1回履いて捨ててもおしくありません。ウエストはヒモで縛るタイプでなくゴムなので締め付けもなく快適です。これでフルマラソンを気持ちよく走ることができるのならランウェア革命です(^^)

帽子は四万十ウルトラで被ってたと同じつばの大きなもの。空気抵抗が大きく風でとばされそうですが、雨や日差しからしっかり守ってくれるものをチョイスしました。

あと手にはコンパクトデジカメです。今回はタイムを気にしないので途中でとくしまマラソンの風景を撮りながら走りました。

さてスタートから。
2000番台だっとのでわりと早めにスタートすることができました。最初の1kmは混み合っていたのでキロ5分程度で入り、しらさぎ大橋までの2km地点ではキロ4分40秒台、で平均心拍数を159まで上げました。少し負荷をあげるのが早いかなとも思いましたがそれほど苦しさもないのでそのまま進みます。

しらさぎ大橋を渡り北岸に入ってからは時折強い向かい風が吹きます。タイム狙いならば気になったかもしれませんが今回は気持ちがファンランモードなのであまり気になりません。手に持ったコンデジで写真を撮りながら心拍数だけを気にしながら進みます。

10km間ではほぼ1kmスプリットで心拍数160、ペースにしてキロ4分30秒〜35秒です。

10〜20km。

心拍数は多少ばらついて158〜162、ペースは4分35秒〜45秒です。この区間は向かい風が強くなったせいでペースは落ちてます。あと気になったのが水分補給時に無地を飲むと動悸が激しくなるように感じられること。気になって心拍計をみると一時的に175〜185まで跳ね上がっています。ほんの10秒ほどで戻るのですが水を飲むたびに動悸が激しくなるので気持ち悪く、飲んだ直後はスローダウンして落ち着くのを待つようにしました。

20〜30km。

心拍数は158〜160、ペースは折り返しまでがキロ4分45〜5分、折り返してからは4分30〜50。折り返すまでは風かキツかった。折り返してからは追い風になったけれどふくらはぎが攣りそうになってきて足が止まってしまいました。やはり30km手前で脚が止まりました。練習不足は明らかです。心拍は少し低めですが動悸が速くなってしまったのにビビってすこし抑えてしまいました。

30〜40km。

すでに30kmまでで脚が攣りそうになり2度立ち止まってストレッチをしましたが、ここからはいつ攣ってもおかしくない状態。こんなときにファンランだと写真撮影が捗ります。友人を見つけては立ち止まり、一緒に記念撮影をしながらひとやすみ。うまい具合に後半にたくさんの知人が応援に立ってくれてたのでその度に休憩&写真撮影です。そのあいだに心肺と脚を休めることができて気分もリフレッシュ。おかげでヘロヘロの身体をたましだまし走らせることができました。

心拍は休憩が長かったところは153、走っている区間は160程度。ペースは4分40〜5分30。記念写真を撮った区間は止まっているのでペース、心拍数ともに落ちています。ロスにすると全部で3分くらいでしょうか。でもこの時間があるおかげで最後まで気持ち良く走れた気がします。

40〜ゴール。

心拍数152〜159。ペース4分45〜5分45。ゴールの1km手前で友達発見。また記念写真を撮ってしばし談笑です。ここまでくるとゴールはすぐそばなのでちょっとゆっくりと話し込んでしまいました。ロスは1分くらい。脚も限界で攣りそうになっていたのでいい休憩です。

ゴールの田宮陸上競技場に入ってきてからは脚が攣ってしまいすこしぎごちない走りになってしまいましたが無事ゴールです。

平均心拍数は159、平均ペースは4分43秒でした。



今回ファンランのつもりで走ったのですが、写真撮影などの立ち止まった時間の合計は最大4分程度でした。立ち止まった以外はエイドで長く休憩したわけでもないのでまじめに走ったとさほど変わりません。

ウェア&シューズも自分がタイムを狙いにいくときに着るものとは違って機能的には適さないものでしたが、あまりタイムに影響しなかったようです。ボク程度のレベルではなにを着て走ってもあまりタイムは関係ないようです。なんか勝負レースにはターサーなんていいながらシューズの重さを気にしていた自分がバカみたいです。(^_^;)

カメラを持って走ったおかげで苦しいときでも気分転換ができて楽しいランになりました。次の出場大会はえびすだいこく100kmウルトラマラソン。この大会にもコンデジ持っていきます。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。