スキップしてメイン コンテンツに移動

今月2週間で200kmのラン練習。この練習方法ではスパルタスロンは戦えない気がしてきました。

5月13日時点で

ラン 200km 
バイク108km

です。月間目標として掲げたのはラン500km、バイク1000kmです。バイクの出遅れはいつものことなので(というか希望的目標なので)あまり気にしていません。ランに関しては2週間後にえびすだいこく100kmウルトラマラソン出場を予定していることを考えれば今月目標距離を超えることはそう難しいことではありません。


ただ、はたしてこの月刊距離目標をこなすことがスパルタスロンを完走するための練習目標として正しいのかどうかということに疑問を感じています。

スパルタスロンを完走した方に出場前3ヶ月で月間600km超えは必須だとアドバイスをいただきました。また大会を完走された方々のブログを拝見してもやはり500kmを超える距離をコンスタントに走っている方が多いようです。出場されるランナーの方々はみなボクなんかよりはるかに高い走力の持ち主ばかりです。完走するためには他の方よりも多くの練習量をこなし少しでも完走者たちの走力に近づける必要があると考えていました。そのためのラン500km、バイク1000km目標でした。バイク1000kmをランに換算すると400km、計算上はラン900kmに相当する有酸素運動を確保することができます。

しかしバイクが満足にできていないうえに、ランだけしか練習ノルマをこなしてないにもかかわらず体の疲労が抜けなくなってきています。この2週間、200km走るために日によっては2部練、3部練も行なってみました。続けていれば体が順応してくるはずだという気がしないわけではありません。でも、逆にこのまま続けていればどこか体を痛めてしまう思いのほうが強くなってきました。すでに今まで痛めたことのある箇所、足底、シンスプリント、腓腹筋、骨棘に痛みが出始めています。このままつづければどこか故障してしまいそうです。

もともと月間走行距離200kmまでの練習しかしたことのないランナーです。いきなり練習量を3〜4倍に引き上げると体に無理がかかります。ただ練習量が増えるだけならまだしも、練習に時間をとられるぶん今度はカラダを休ませる時間が足りなくなってきています。

ずっと練習を続けてきた結果、すこしずつ距離と走力が伸びで月間走行距離が600kmに達したランナーの方にはその距離を走ることが自然で無理の無いトレーニングなのだと思います。けれど走力のない自分が距離だけ帳尻を合わせるように増やしてみても怪我なくうまくレベルアップできる可能性は低い気がしてきました。

体に疲れが残っているためキロ5分のペースで走っても少し息苦しい感じがあります。こんな状態ではあまり追い込んだ練習をすることは出来ないので最大酸素摂取量を向上させるための練習やLTゾーンを向上させるためのトレーニングも効果的に行えそうにありません。

今大事なのはベースとなる基礎体力作りと走力向上のためのポイント練習を無理なく組み合わせること。どちらもランで行うとなると距離を伸ばすしかなくなるのですが、そうするとどうしても故障と疲労がつきまといます。だから距離を稼ぐためのつなぎランを一切切り捨ててランはポイント練習のみに絞ってみようかと考えています。

ランは当面

  • インターバル走
  • ビルドアップ走
  • ロング走
のポイント練習のみ。基礎体力作りと脚力アップはバイクで行う、というのが今考えているイメージです。

単純に成功者より多くの練習量を積めば自分も追いつけると考えていました。その考えを間違いとは思いません。けれどそのやり方で追いつくには体が強くなければなりません。ボクはそのやり方に耐えられるほど体が強くないと判断しました。だから体に負担をかけずに走力を向上させる方法を探っていきます。

ランの累計距離にはこだわらない。しっかり休ませる。コンディションを整えて練習の質を上げる。クロストレーニングで故障のリスクを下げる。

このあたりを意識しながら練習方法を再構築してみます。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。