スキップしてメイン コンテンツに移動

7月27日(土) キャノンボールランの目的

7月27日(土) 20:00~スタート予定の四国横断キャノンボールランについて。当初は自分以外のもう一人一緒に走る予定だったけれど都合がつかなくなり結局一人になってしまった。もちろん一人であろうとも決行だ。


今の練習量で200kmもの超ロングが走れるかどうかははなはだアヤシイ。けれどぐずぐずしている間に本番であるスパルタスロンまでたったの2ヶ月しかなくなってしまった。もはや練習量が足りないとかいって練習を先延ばしにしている時間的余裕はない。行くしかないのだ。

今回の目的は大きく分けて3つ。ひとつは200kmという距離を体験すること。ボクの場合今まで走った最長距離は150km、しかもその距離を走ったのは数年前のことだ。今年に入ってからは100kmウルトラマラソンの出場回数は1回のみだ。つまり圧倒的に超ロングの経験が不足している。本番であるスパルタスロンは246km、人生最長距離よりもまだ100kmも長い未知の世界なのだ。

100kmすら走りあぐねているのにそれ以上の距離がすんなり走れるわけがない。今回のキャノンボールランでは100kmを超えてからさまざまなトラブルを経験するだろう。眠気、身体の痛み、胃腸の不調、暑さと脱水、そして心折れる時間。いろいろなトラブルを経験しながらもなんとか乗り越えて走りきることができたならば、少しはスパルタスロンを走りきるための心の拠りどころになるだろう。

二つめの目的はウェアのチェック。スパルタスロンの暑さに対する対策としてぼくは重ね着が有効なんじゃないかと考えている。今回のキャノンボールランでは本番を想定した重ね着で臨むつもりだ。上半身は、ユニクロのエアリズムTシャツの上にランTシャツ、そして腕には日よけ対策にアームスレーブを着用する予定でいる。さらにこの上から長袖Tシャツの胴部分を切り落として自作した日よけ用シャツを重ね着する予定だ。

帽子やパンツ類、ゲイターなどはいつものランと同じ仕様で走ってみて何か不都合があればスパルタスロン対策を考えたい。


最後の目的はランニングウォッチのテスト。今回スパルタスロン対策としてSUUNTOのAMBIT2を購入した。ふだん使っているGARMIN 310XT はとても気に入っているのだけれどバッテリーが最大20時間しか持たない。スパルタスロンの制限時間は36時間、そしてボクの走力では完走できたとしてもその制限時間をほぼフルに使うことになるになるだろう。だから残念ながら愛用している310XTでは役に立たないことになる。その点AMBIT2はGPSの測定間隔を60秒とすることで最大50時間の使用することができる。

スパルタスロンの開催地はギリシャ。あたりまえだけれど道も知らないし、ギリシャ語の看板も読めない。自分のペースは参加ランナーの中では間違いなく遅い方だからレースが始まるとまわりにはランナーがいないかもしれない。とにかく道に迷ってしまう要因がたくさんあり見知らぬ土地で迷子になってしまうのは不安だ。

以前淡路島を1周したときは310XT にマップデータを読み込ませて簡易ナビ替わりに使うことができた。これと同じような機能がAMBIT2にもついている。この機能が実用的か試してみておくつもりだ。

もうひとつ時計で試してみたい機能がある。今回購入したAMBIT2には自作のアプリ…というかプログラムを組み込むことができる。この機能を使って現在の走行距離、経過時間を利用しながら関門通過にはどういったペースで走る必要があるかをリアルタイムで計算するプログラムを作ってみるつもりだ。

ボクの場合走力がないので限りある体力をいかに無駄なく細く長く使い切るかが勝負の分かれ目なのだ。心拍を上げすぎてムダに体力を消耗したり、関門クリアのためのペース設定を間違ってしまってペースにムラがあったりするとあっという間に売り切れてしまう。そのためにも心拍数管理、ペース管理は欠かせない。心拍管理はリアルタイムで可能だけれども、関門までの残り距離と時間をもとに必要なペースを計算するのは疲れ切って施行判断が鈍ってくると計算するのがとてもメンドウになってくる。これをリアルタイムで計算するプログラムを作り、正しく動作するか試してみる予定だ。

以上大きくわけて3点、距離の経験、暑さ対策、AMBIT2のテスト、が今回の目的だ。

体調面で少し気になるところはあるのだけれど、ひとまずそれはあとまわしにしてキャノンボールラン、土曜日午後8時、松山市駅スタート予定です。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。