スキップしてメイン コンテンツに移動

対スパルタスロン、暑熱下練習160kmの装備とウェア

本日のウェア。

スパルタスロン本番用に購入したウェアを試してみる。購入したのはアンダーアーマーのコールドブラックシリーズのランウェア。太陽の光を遮断し、ウェア内の温度上昇を抑えてくれるらしい。
このシリーズでTシャツとランパンを購入した。ランパンはいつも履いているものより少し丈が長くヒザの少し上までの長さがある。これだと日焼け対策にもよさそう。

TシャツのインナーとしてユニクロのエアリズムTシャツも用意した。座ッスにスペースがあればパッキングして持っていき、もしコールドブラックの1枚では暑さをしのげないようならば重ね着を試したい。

腕はSKINSのアームスレーブ、白。以前使っていたものと同じものだけれど古くなっていたんで閉まったので新調した。できればゲイターというか膝下用にも同じSKINSの白が欲しいのだけれど販売されているものが見つからなかったのでとりあえず手持ちのSKINS、黒でいく予定。

帽子はスパッタリング、首ガード用の日よけ付きをオーダーしたのだけれどまだ手元に到着してないので海部川風流マラソンの参加賞?でもらったごく一般的なランキャップでいく。暑さ対策にタオルを持っていって、日差しが強ければ帽子に装着して首を守るつもり。サングラスは1000円ちょいの安物。紫外線をカットしてくれてまぶしさを感じなければ何でもよい。

シューズは途中エイドの履き替え用に同じサロマレーサーを買い足した。試し履きも兼ねて今日はこのシューズを使う予定。靴下はメリノルール素材の5本指ソックスを使用したいのだけれど手持ちのものがないので履き古した5本指ソックスでいく。

雨対策としては前回のキャノンボールランと同様、レインウェアの上着だけ持っていくことにする。

次に本日の装備。

まずは安全装備としてヘッドライト。これは後方灯付きのもの。さらにザックに自転車用の後方灯を取り付けて点滅させる予定。これにリフレクターベストを着て夜間の安全を確保する。

コース中盤からはコンビニや自動販売機が少なくなるので水分補給対策としてハイドレーションパックを使用する。補給水は粉末のポカリスウェット1リットル用に塩を5g程度足したものを2分割して袋詰めしたものを合計4個用意している。この袋1つに対して水を約1.5リットルの割合で混ぜれば、経口補給液に近い濃度のものができあがるはず。今回はこの自家製経口補給液が効果的な水分補給に役立つかもテストしたい。

食料としてはグラノーラとレーズンを用意した。レーズンは少量ずつ食べやすく、また糖質も多く含み、栄養価も高いのでつなぎの補給食として期待。グラノーラは食感があり、かさばらないのでチョイスした。あとザバスのゼリーを2本非常用に持っておく。

あとはiPhoneと予備バッテリーとしてエネループ。現金と保険証。そしてガスター10とロキソニンを各2錠ずつ用意する。

スパルタスロンまでに、自分の走力と使用する装備を試せる機会は多くない。できるだけ粘ってしっかりと役に立つ経験を積んできたい。




このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。