スキップしてメイン コンテンツに移動

いよいよスパルタスロンが迫ってきた。

いよいよスパルタスロン。もうすでに現地に向かって出発した出場者も多いようだけれどボクはまだ仕事が残っているのでギリシャに向けて出発するのは火曜日夜になる。まぁボクは調整とは無縁のへなちょこランナーなのであまり速く現地入りをしてもすることがないからこれでいいのだ。


大きな大会を前にしてさぞかし9月も走り込んでいるのだろうと思われるかもしれないのだが、じつはとてものんびりムードなのだ。このブログ上で、スパルタスロンのための練習を止めると書いてからというもの心の重石がとれてしまったようで、走らなければという強迫観念に追われることがなくなり、まるですでに大会が終わったかのような穏やかな毎日を過ごしている…つまり走ってない。

いや走ってないといってもまったくゼロというわけではない。9月に入ってからは今日までで9回ほどはランに出かけた。2日に1回の割合なのでそれほど悪くはない。ただ出かけたものの走る気が起きずに10kmひたすらウォーキングをして帰ってくるとか、気合いを入れて走ろうとしたものの3kmも進まないうちに苦しくなり、やはりまたまたウォーキングで帰ってくる、とかそんなかんじだ。

ずっと速いペースでのランをしてこなかったつけが回ってきたようでキロ5分ペースでもかなり苦しく感じる。無理してでもなんとかペースを維持しようとすると今度は着地衝撃で膝周りと足裏が痛くなってくる。今は立派なサブ5ランナーといったところだ。

一時期はあれほどLT値や心拍ゾーンを気にしていたのに、今やそんなものはなんのことやら、といった調子。とにかくゆったりまったり汗をかかず苦しさを感じることもなく静々と音を立てないように走る…というようり移動するといったほうがしっくりするフォームで走っている。

こんな走り方で何キロ進めるかはまったく予想できない。だってこんな走り方でロングを走ったことないから。正直このフォームでいいの?って気持ちもあるのだけれど、最近はこのノロノロ走りしかしていないのでこのフォームで挑むしかない。

何度も書いているけど今回のスパルタスロンは発想を変えて挑む。ペースや心拍数は直接のターゲットにしない。あくまでもターゲットは1時間あたりに摂取可能な水分量を上回る発汗をしないペース。喉が渇く、おしっこが出なくなる、水腹でキモチワルイ、などの症状が出たら失敗だと思っている。水分量を図るためにペースと心拍数を気にするけどそれはあくまでも参考値。自分の胃袋に正直に進みますよ、と。

完走だけが目的。色気を出してタイムを気にしない。関門閉鎖時間まで最低限の余裕を残し、あとはできるかぎり体に負担のかからないペースですすむ。そう、まるでゴルフコースでドライバーを打たない、刻みまくってスコアをまとめようとするおやじゴルフのように進むのだ。

さて、ごくごく一般的なランナーがスパルタスロンという難関コースにどこまで立ち向かえるか試してきます。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。