スキップしてメイン コンテンツに移動

義経ドリームロードマラニックのお誘い

ゆったりゆっくり、みんなでマラニックを愉しみませんか? 小松島市にある義経ゆかりの地を巡る「義経ドリームロードマラニック」を開催します。

あくまでも個人開催のマラニックなので費用等はかかりません。ランナー同士の親睦、ラン会です。そのかわりエイドの用意や完走証の発行もありませんのであしからずご了承ください。





義経ドリームロード 
義経が屋島に向かって進軍した進路は、現在「義経街道」と呼ばれ、義経が大阪より風雨の中を押してたどり着き、軍船を集めたとされる「勢合」を起点として、小松島市内の義経ゆかりの地を結ぶ約10キロメートルを「義経ドリームロード」として案内板や道標が設置され、史跡やロマンを求める人々に親しまれています。 義経が小松島の海岸に上陸してから屋島に攻め入るまで、わずか1日の出来事でありながら、弦張坂、弦巻坂、旗山、くらかけの岩、天馬岩、弁慶の岩屋など、義経にまつわる伝説の場所が多く残されており、人々の義経にかける思いの深さが感じられます。


義経ドリームロードのコースは約10キロですが、ワンウェイなのでスタート地点まで帰ってくる復路を入れて約20km程度です。予定時間は3時間半をみています。早歩きの速度(時速6km)で歩いて全行程を進んでも3時間20分程度、軽いジョグをしながらであれば十分な休憩時間をとりながら愉しんでもらえると思います。ランニングを始めたばかりの方でも無理なく走りきれる時間設定なのでぜひチャレンジしてみてください。

義経ドリームロードマラニック

開催日: 平成26年1月25日(土)
スタート時刻: 午前8時30分
集合場所: 小松島市立体育館
備考:

ゆっくりめのペース設定なのでウィンドブレーカー等があればいいかもしれません。コース上には自動販売機のある場所もありますができればボトルポーチを持っていた方が安心です。また天候不良などで中止する場合があります。その場合の案内はgoogle+のTokushima Runner's Highコミュニティ内で行います。

上記の内容で開催する予定ですが、日程等で要望が多ければ変更するかもしれません。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。