スキップしてメイン コンテンツに移動

土佐乃国横断遠足にエントリーしました。

ほんと学習しないバカなアタマが恨めしい。土曜日に大河原高原下りを全力で駆け下ったときに左足腓腹筋とヒラメ筋を傷めてしまった。ヤってしまうかもとわかっていながら行っちゃうんだからすくいようがない。せっかく右足底筋の痛みがなくなってきたというのにまたまた故障持ちに逆戻り。今日で5日目だけどまだ歩くだけでも痛みがある。


その状態で水曜日に走ろうとしたけれど痛すぎて1kmで断念、昨日また懲りもせずに走りに出かけてみた。たしかに痛いのだけれどフォアフット、フラット着地でなければ、つまりかかと着地ならば痛みは軽め。これならば痛みにめっぽう弱いボクのメンタルでも走ることができる。かかと着地で、歩いているか走っているかわからないようなヒタヒタじーちゃん走りでなんとか10km弱のいつものコースを走りきることができた。痛いのに走っている俺ってすごくね?みたいな自己満足モードに久々に突入。ランから帰ってきてアイシングしたのなんて何年ぶりだろう。

ともかく痛いのだけれど走り方を工夫すればなんとか走ることはできるというのはわかった。ただ心肺や脚筋力を追い込むような練習できない。とうぶんはなまった体を走りに慣らすことと体重を絞ることが目的のジョグ中心でいくしかない。

さて明後日はとくしまマラソン。ボクは今回はエントリーしていないので応援に廻ります。自分自身の次の大会は5月の土佐乃国横断遠足。242kmの超ウルトラ大会だ。まだボクは150kmを超える距離を一度も走ったことがないのでこんな長距離をどうやって攻略していいのかさっぱりわからない。100km近い長距離練習を繰り返すのが正しいのか、心肺持久力を向上させるために追い込んだスピード練習が有効なのか…。どちらも必要である気もする。けれど結局のところ最後に明暗を分けるのはメンタルの強さかもしれない。

いずれも今のボク自身には備わってないものばかりなので現状では完走はむつかしい気がする。あと1ヶ月の間でどれだけランナーな体力とメンタルを手に入れられるか、そこが勝負だ。といってもヒタヒタじーちゃん走りなんだけれども。

この土佐乃国横断遠足、申込み順にゼッケンをくれる?ようで申込みの早かったボクはなんとゼッケン1番をゲットしてしまった。走力は関係ないのはわかっていても1番のゼッケンは小心者のボクに無言のプレッシャーをかけてくる。まさか1番つけて100kmも進まないうちにDNFとかありえないよねとか、もしかして走り出したらうしろから1番じゃないよねとか、ネガティブなプレッシャーがかかりまくっている。あぁせめて完走したい。タイムは制限時間1分前だっていいからとにかくゴールしたい。ちなみに制限時間は60時間。日数にして2日半とゆったりした制限時間だから初日100km走ってしっかり寝て、2日目も100km走り再び寝る、3日目で42kmを12時間で走りきれば制限時間内完走することはできる。数字の上ではかんたんなんだけれどそれだけ長時間つよいココロを持ち続けられるかどうか…。

とにかく大会は待ってくれない。今日からいそいそと走り込みをはじめます。来週末、天気がよければ松山~徳島間200km、いまだ成功したことのない四国横断キャノンボールランに挑んできます。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。