スキップしてメイン コンテンツに移動

土佐乃国横断遠足まであと20日

土佐乃国横断遠足まであと20日あまりになってしまった。できれば大会までに200km程度の超ロング完走を一度経験しておきたかった。けれど先日の四国横断キャノンボールランを中途半端に終わらせてしまったボクにはもう日程的に超ロングを走るチャンスはない。


おそらく…ボクの想像だけれど初開催となる土佐乃国横断遠足にエントリーしてきているランナーは相当なツワモノぞろいにちがいない。一般的なランナーだったら…というか超ロングを走るランナーはすでに一般的とはいえないけれど…はじめて挑戦する超ロングの大会はもっとメジャーどころにエントリーするはず。はじめて開催される大会より歴史あるメジャーな大会を選んだほうががエイドとかサポートが充実しているだろう、と考えるのがふつうだ。ボクはあまり超ロングの大会にどんなものがあるか知らないけれど、萩往還やトレイル系の100マイルレースなんかが100kmウルトラ経験者が次の目標として選ぶメジャーどころの100km超大会になるんじゃないだろうか。だからきっとこの大会にエントリーしてきているランナーは超ロングの大会がはじめてというランナーは少ない気がする。

ボクも初めてじゃない。一応昨年のスパルタスロンには出場した。でもそのスパルタスロンで走った距離はたったの100kmちょい。先週の超ロング走も110kmちょい。そう、ボクは超ロングの経験がまるでからっきしなしのオトコなのだ。基本的に100kmまでのランナー。フルマラソンまでのランナーの住処を海、超ウルトラランナーの住処を上流に向かうほ細くなっていく川とすると、ボクの住処は海水と淡水の混じり合う汽水域あたりなのだ。海水魚を淡水に入れると浸透圧の関係で体内に水分がどんどん入ってきて塩分濃度が薄まって最後には死ぬらしい。ボクも走れなくなり歩き始め、脱水の果てに水をガブ飲みし、胃酸が薄まってきて低ナトリウム血症になり、ムカムカ吐き気がして手足がむくんできて、最後は投げ出すに違いない。

正直、242kmもの超ロングを完走できる自信はまったくなく、それどころかすでに大会を走ることを考えるだけで憂鬱だったりする。大会自体は本当に楽しみなんだけれど、どうせ100kmあたりでイヤになって投げ出したくなっている自分自身が想像できるだけにポジティブな気持ちになれない。イヤになってからさらに140kmも残っているのかと考えたら本当にげんなりする。あーいかんいかん、こんなことばかり考えていては。

とにかくあと20日間でいきなり走力、持久力が向上するわけじゃない。ヘタにがんばりすぎてどこかを傷めてしまいその状態で大会に出場するはめになるくらいならば、いっそなにもせずにぶっつけ本番、あとは野となれ山となれで運命に身を任せるほうが少しでもゴールに近づくことができるような気もする。だからとにかく無理をしない、傷めない範囲でなにができるか考えてみることにした。

キャノンボールランでいちばん痛み、疲労がでたところは腰だった。腰痛の原因はたぶんヘルニアとか脊柱管狭窄症とかそんな深刻な問題ではなく、きっと反り腰なのが原因だと思う。自慢じゃないがカラダは固い。前屈で足裏の腱が切れんばかりに伸ばしてみても指先は床から10cm離れたまま、ヤンキー座りをすればうしろに転がり和式便座は手すりがないと無理なほど。さらに身体が硬いのにくわえて体幹部の筋トレが大きらいでいわゆるコア部分を鍛えたことがない。まずはここを改善してみる。物心ついたときからガチガチに固かったこの身体がわずか20日間でやわらかくなるとはとても思えないけれど、それでもやらないよりはやった方がましだろう。目標として100km走った状態での痛みがコンビニで立ち読み15分したとき程度の痛みですむくらいになりたい。

ラン練習20日間でスタミナアップするとか、筋持久力を向上させるとか、そんな都合のいい走力アップはありえない。だからラン練習でのポイントは現実的に対策可能な点を2つに絞る。

ひとつは暑熱順化。5月後半になればもう夏の日差し、気温になることが多い。去年のえびすだいこく100kmでも暑さ、脱水に叩きのめされた。だからこの20日間は走れるときはできるだけ日中に走り日差しと暑さに身体を慣らしていく。汗腺をひらいて汗を掻きやすい体質に変え、さきに日焼けをしておきいきなりの日焼けでダメージを受けないようにしておく。

もうひとつはじじいヒタヒタ走り。この歩いているか走っているかわからない小馬鹿にしたくなるような走り方がロングで有効なのは先日のキャノンボールラン途中までのダメージの少なさで実証済み。ただいつもこの走り方をしていないので脚の筋肉がこの動きになれていない。だから今からの20日間、このひたすらこの走り方をつづけてこのフォームに必要な筋肉を慣らしておく。

とりあえず、今のボクに思いつく土佐乃国横断遠足対策はこれくらいしかない。これだけの対策で走りきれるとは思えないけれど、思いついたことをこつこつとやるしかない。痛みを出さない、暑さと脱水対策をとる、疲れない走りかたに変える、この3点だけに絞ってとりくんでみよう。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。