スキップしてメイン コンテンツに移動

閾値走はインターバル?ペース走?

暑い。とにかく暑い。昼間に外を走るのはもはや危険な行為といえる。そんななかいちばんだいきらいな閾値インターバルをやってみた。


メニューとしてはウォーミングアップを4km、その後5分間を4分10秒~4分30秒、レスト1分でまわす。できれば8回くらい回したいのだけれど、いまだに4回以上やったことがない。暑くて4回目がくると「とりあえず4回はやったから最低限のノルマ達成だよな」と心の中でヨワイ自分がささやく。いちどジブンの中で「8回が理想だけど現実は4回」と既成事実化してしまうと4回が来たら自動的に歩いてしまう、パブロフの犬みたいに。

そんなワケでこのメニューはあまり走力向上には役に立っていないかもしれない。このトレーニングは閾値でずっと走り続けるより、インターバル形式にしていったんペースを下げる時間をはさんでやればトータルでもっと長い時間閾値ゾーンでトレーニングできるかな?と思ってはじめたのだけれど、実際にやってみるとウォームアップから徐々にペースを上げていき閾値に達したままペースを変えずに走ったほうが体感的にラクな気がする。もともと心拍数の上げ下げをすることが目的ではなく、閾値ゾーンでの長時間運動が目的なのでそれならば今のようにインターバル形式でなく、ペース走形式でやるほうがいいのかもしれない。



このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。