スキップしてメイン コンテンツに移動

スパルタスロンで使うウェアと補給食について

スパルタスロンまであと一週間。そろそろ荷造りをはじめなきゃいけない。大会で着用するウェアや装備は去年買ったものがあるのでほぼそれらを使い回す予定。

装備の中でイチバン重要視しているのはこれ。

モンベルのベンチャーというボトルポーチ…というかハーネス。0.61リットルのボトルが2本装着できる。スパルタスロンのエイドは水が紙コップだったりペットボトルだったり場所によって変わるのでYURENIKUIのようなペットボトルを入れるボトルポーチでは困る。また補給した水には経口補給液になるようにパウダー入れるので開口部の大きいスクイズボトルのほうが作業がラクだ。0.61リットルの2本差しは重たいけれど、1本は水分補給用、もう1本は水のまま入れてカラダを冷やすかぶり水として使う予定。

去年もこのベンチャーを装備して走ったのだけれど、スクイズボトルの受けになっている底部分の布が中途半端なサイズでボトルに水がいっぱい入っているときは下からボトルが抜け落ちることがあった。スパルタを走っている最中にも三度ボトルが抜けて拾いに戻る羽目になった。今回は底部分に厚めのゴムを縫い付けてボトルが抜けないように加工している。ボトルにはさまれた中央部の荷室容量は2リットルと大きいので、ここに薬や携行食品などを入れておく予定。去年はここにスマホを入れていたけれど使う余裕がなかったので今年は最初から持っていかない。

帽子はこれ。
CW-Xの日よけドレープ付きキャップ。日焼けによる体力消耗と体温上昇を抑える効果を期待。土佐乃国横断遠足でも使用したけれど頭部に関してはあまり暑さを感じずにすんだ。さらに首にはバンダナを濡らしたものを巻いて暑さ対策をする予定。あと日差し対策としてはSKINSのアームスレーブを使用する予定。


そのほかウェアまわりで行う対策はシャツの2枚重ねと擦れ対策のユニクロのパンツ。

シャツを2枚重ねする理由は2つ。ひとつは保水。シャツは汗を掻いて濡れているくらいが涼しいのだけれどギリシャは暑い上に空気が乾燥しているので汗を掻いてもすぐに乾いてしまう。この対策としてシャツを2枚着ることでウェアの保水能力を上げる作戦だ。2本差しのボトルのうち1本はかぶり水用なのでこれをカラダにかけながら走る予定だ。もうひとつの理由はウエストポーチの擦れ対策。ウェア1枚でウエストポーチをつけて長時間走っているとどうしても擦れが出てくる。走っているうちにシャツがめくれ上がって素肌に直にあたったりすることもあるからだ。2枚重ねでシャツを着てインナーをランパンにインしておけばこの擦れ防止ができるはずだ。


インナーパンツはコレ。シームレスボクサーパンツ。縫い目のない立体成型が特徴。土佐乃国横断遠足では尻ずれがひどくておしりの皮がずる剥けになったので今回は縫い目等でストレスのかからないものをチョイスした。60km走で試してみたときはノートラブルだった。もっとも距離が伸びればどうなるかはわからない。

補給食としては下記のもの。写真を貼り付けるのがめんどうなのでリストだけ。
  • レトルトおかゆ 4つ
  • カロリーメイト 4つ
  • ザバスピットイン 7つ
  • スポーツようかん 4つ
  • カプセルに入れた塩 12個

長くなるので端折ってしまった。
今日から荷造りをはじめます。





このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。