スキップしてメイン コンテンツに移動

Nexus5でANT+を使う方法

スパルタスロンまであと10日。
なのに、なのにまったく関係のない話題。スマホでランニングアプリを使っている人、いやもっとニッチにNEXUS5を使っている人には耳よりな話です。

Google謹製のスマホ、Nexus5最新OSが保証されていて性能的にも高性能、さらに安価でコストパフォーマンスの高いスマホですが、すこしだけ残念な点があります。それはANT+がサポートされていないこと。

ANT+はGARMINなどの運動機器が採用している規格で自転車のスピード&ケイデンスセンサーや心拍センサーなどとの通信をするための規格です。GARMINなどの時計はこの企画を利用して各センサーから受信した情報を表示しています。このANT+、じつはほとんどのスマホはサポートしていません。一部昔のXpriaでサポートがあったようですが需要がなかったんでしょうね。ただここのところAndroidWearなどのフィットネス関連機器が盛り上がってきているのでこの秋以降に発売されるスマホでは一部採用をはじめる機器もあるようです。

ボクの手元にはGARMINなんかで使っていたANT+の心拍センサーが2つ、あとバイクに取り付けているスピード&ケイデンスセンサーがあります。以前はスマホでこれらをりようするときはiPhone4Sのコネクタ部にANT+レシーバーを取り付けて使用していたのですがiPhone5Sに買い替えたときにコネクタの形状がLightningコネクタに変わってしまったので使えなくなっていたのです。

で、Nexus5です。残念ながらカタログスペックを見てもどこにもANT+がされているとは書いていません。でもどうやら搭載されているチップの中にANT+をサポートしているものがありただ単にこの機能を使っていないだけのようなのです。ということでNEXUS5をルート化してANT+を使えるようにしてみました。

今日実のある方、ルート化する手順はこの辺りを参考にしてください。

ワンクリックで Nexus 5 の Root化を行う方法、Android 4.4.3 (KTU84M)編

ルート化は保証対象外になるので自己責任で(^^)

で、無事ルート化に成功したら、

GooglePlayから以下のアプリをインストールします。



これで使えるようになります。使用したいランニングアプリを起動する前にANT+Enablerを立ち上げて、その後ランニングアプリを起動して設定からANT+に接続すれば無事使えるようになります。

問題は、AndroidでANT+に対応したランニングアプリが少ないこと。そんなわけでぼくはとりあえず動作確認できたEndomondoを使っています。

Nexus5をお使いのランナーの皆さん、もしANT+機器が家で遊んでいるようなら試す価値ありです。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。