スキップしてメイン コンテンツに移動

micoachアプリにkaradafit heart心拍センサーが使える件

ケータイをiPhone5SからNexus5に変えてランニングアプリを取り巻く環境が変わってしまいました。

iPhone時代は4SまでドックコネクターだったのでここにANT+レシーバーをつけて使用していました。アプリは初期はRunmeter、途中からRunkeeperがメインでした。でもアディダスのmicoachの作成してくれるトレーニングプランがお気に入りでそのアプリが使いたいためだけにアディダス専用品のANT+ レシーバーも購入していました。あまりつかわなかったですけれど…。ちなみにmicoachは専用ハードウェアを音楽プレーヤーと接続して使うタイプのモノも使っていました。

micoachは実際にそのアプリを使用して練習することはあまりないけれどなんとなく好みなんですね。アプリもインストールしては削除し、を何度も繰り返しています。

さてそのmicoachですが当然Android版のアプリも出ています。ただアディダスはどうしても専用の機器を購入しないと動作しないという先入観があったのでここまで試していませんでした。が、手持ちのkaradafit heartというbluetooth smartの心拍センサーをペアリングして認識させてみたところ意外にも使えることが判明しました。アディダス太っ腹!

ただこれはmicoachが悪いわけではないのですがNexus5のbluetooth受信が弱いのかkaradafit heartの発信が弱いのかわからないですが頻繁にbluetoothが切断されます。心拍計は胸の位置、スマホはランパンのポケットの中なので1mも離れていません。たったこれだけの距離で拾わないようではあまり役に立ちません。他のアプリを立ち上げて試してみても流行不安定でbluetoothの接続切断を繰り返すせいか計測される心拍数はかなりでたらめな数値だったりします。これだったらANT+の機器を使った方がいいのですが、Nexus5はハードウェア的にはANT+機能を持っているにもかかわらず公式にはANT+をサポートしていません。Android5.0のバージョンアップでサポートしてくれればいいのですが。

Nexus5のbluetooth接続に関してはbluetoothヘッドフォンでもよく音切れをするのでやはりNexus側の問題かもしれません。

いかにもランニング関連のことを書いているようで、じつはスマホの設定ばっかりイジっていてほとんど走ってないんですが…。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。