スキップしてメイン コンテンツに移動

この冬はカラダ作りに専念。

身体が固い。開脚をしたくても90°、いやヘタすると60°くらいしか開かない。それ以上開くとうしろにコロンと倒れてしまう。前屈をしようにも骨盤は直角の位置からピクリとも動かない。意味がないことを理解しつつも少しでも前屈気分を味わいたくて指先をぷるぷる震わせながら背中をまるめてど必死で指先を伸ばしてかろうじて足の親指に触る。

前屈ができないのは骨盤まわりが固いからだ。ここが固いから重たいものを持つと腰を痛めてしまう。2ヶ月前も無理な体勢からバーベルを挙げようとしてかるいぎっくり腰になってしまった。骨盤が後傾しているから長時間立ったままだったり歩いた入りは知ったりしていると腰が痛くなる。ウルトラなんか走ると50kmぐらいからは腰にくるくる…エイドで止まるたびに腰を伸ばしへんなうめき声を上げる。

あぁこの腰の痛みがなかったら…カラダに柔軟性があればどんなに素晴らしいだろう。柔らかい身体をしなやかに伸ばして大きなストライドで走り、超ロング走で100km走ってからのコンビニ休憩でヤングマガジンと月刊少年マガジンが立ち読みができる腰の強さがあればどんなに素晴らしいだろう。ボクはそういうタフなオトコになりたい!

さいわいにも、昨日の美郷駅伝でエントリーしていた大会はすべて終了した。
さいわいにも、今は走る気もあんまりない。いやこれはあんまりさいわいじゃないか。

そうこの冬はカラダづくりのときなのだ。筋トレマシンとフリーウェイトでカラダをいじめ抜き、不二家LOOKチョコレートのように割れた腹筋と作ろうではないか。さらに力士のごとく又割りに挑み、遠藤のような美しい四股を踏めるようになろうではないか。

きっとそのたくましい体幹としなやかな脚が手に入れば、もっとたのしく気持ちよく走ることができるようになるはずだ。

体重は……しらん。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。