スキップしてメイン コンテンツに移動

今年の土佐乃国横断遠足の目標タイムについて

今年の土佐乃国横断遠足について少し…。

エントリー時に予想タイムを書く欄があるのですが今年は34時間と書きました。ちなみに去年は36時間と書いて実際のゴールタイムは38時間30分でした。去年36時間と書いたのはスパルタスロンの制限時間を意識したからです。スパルタスロンは246kmの距離を36時間の制限時間以内に走らなければなりません。土佐乃国横断遠足は242kmと4kmだけ距離は短いですが、スパルタスロンと違い途中エイドが4カ所しかないためコンビニでの補給が必要となります。それらのロスタイムはおそらく距離にして4kmを走る時間を超えるはずです。だからスパルタスロンの完走ペースを経験するには土佐乃国でも同じ36時間を目標にしとけばいいと考えました。



さて今年です。34時間、去年の目標タイムより2時間も短縮したタイムです。実際のタイムより4時間30分も早くなってます。自己記録更新?つぎのスパルタスロンのため?いやいや違います。去年もそうだったんですがあくまでもファンラン、完走が目的です。他のランナーと競うことや自己記録更新なんかはまったく考えていません。ただ去年、ゴールした時間が夜の11時30分、真っ暗でした。超ウルトラを走ってみてあらためて痛感したのですが夜がとにかくつらいんです。初日の朝9時から走りはじめて最初の夜を迎えるのが10時間後、夜7時くらいからです。涼しくて走りやすいと感じた時間帯もあったのは間違いないんですが、それよりも暗くなってくると疲れがどっと出てペースもがっくりと落ちてしまいます。そしてとにかく眠い。さらに寒い。夜は本当に鬼門です。翌日昼間はもちろん疲れているけれどそれでもまだ夜に較べたら身体が動きます。けれど2日目の夜、やはり夜7時くらいからがとにかくつらかった。

この夜のつらさを2度も味わいたくない。2日目の夜を迎える前に終わってしまいたい。そう考えて34時間を目標にしました。このタイムならば2日目の夜7時にゴール、おそらく日暮れと同時にゴールするはずです。

もちろんこれだけ速く走れる自信も、それなりの準備をしているわけでもありません。ただ2日目の夜を迎えたくないという理由だけでこのタイムに設定しました。だから自信はまったくありません。今年はホントに走ることに対するモチベーションも低く練習もしてないので今のままだと完走すら危うい状況なので、とにかく大会までにはゆっくりでもいいから100kmぐらいを走りきれる走力にもどしておきたいと思ってます。

せっかくたのしみにしている大会です。出場するからには終始きもちよく走ってゴールに辿り着きたい。つらいと思う時間はできるだけ少なくしたい。だからマイペースで無理をせず高知の景色を愉しみながら走れるだけの筋持久力だけはつけておきます。タイムに関しては走力を上げてペースアップを図るよりも、どれだけ休憩時間を詰めていけるかで決まってくる気がします。34時間で走るためには去年より4時間30分、コンビニ休憩や睡眠休憩を削る必要があります。去年はけっこう休んでしまったのでそのあたりを詰めてみるつもりです。

とにかくランは競わずマイペースのファンランで行きます。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。