スキップしてメイン コンテンツに移動

走らないときの自転車通勤だのみ、だけど…

明日から本気出す!ではないけれど、どうにもやる気と実際の行動が伴わない。寒いときはなおさらで今日は走ると決めている日でも、いざ予定の時間が近づいてくるとマンションのリビングから外を覗いては道向かいのケンタッキーの宣伝用の旗がはためいてないか、手だけ外に出してみて耐えがたい寒さじゃないか調べてみたりする。ちょっとでも風が強かったり寒さが自分の許容範囲を超えていたらもう走らない。まぁもともと自分にアマい人間だから仕方ないのだ。


そうやって予定していたランをやめたときはココロの奥に危機感があるのか、来週は自転車通勤してみようか、なんて考えはじめる。ボクの場合、自転車通勤片道27km、1時間ちょいかかるので往復すればランを20kmしたくらいのカロリー消費は見込める。自転車通勤で片道1時間ちょいというのは長すぎる気もするのだけれど、実際クルマで通勤しても朝夕の渋滞にかかってしまい結局毎日片道1時間以上かかっているからクルマも自転車も通勤時間は変わらない。

じゃななぜ自転車で行かないのか。それは自転車にはいろいろとメンドウなことがあるから。ボクの場合朝8時に職場に着かなければならない。朝イチで職場に入ってやらなければいけない作業があるのだ。もし自転車で通勤していてパンクをしてしまうと10分以上はロスをしてしまう。そのロスするタイムの分を保険をかけて少し早めに家を出るならば6時30分ぐらいに家を出なければならなくなる。冬の6時30分はかなりつらい。

バイクの用意もつらい。いつもマンションの部屋にバイクを入れてるのだけれど、狭い廊下を通り、マンションの扉を開けて外に出すのだけでも一苦労だ。もちろん帰ってきてからもエレベーターで他の利用者と乗り合わせないように気遣い、部屋に元通り片付けなければならない。バイクウェアを着込むのだって寒さ対策しようとおもえば手袋、ネックウォーマー、帽子にヘルメット、サングラスシューズカバー装備はてんこ盛りになる。雨が降りそうならレインウェアの心配だってしなければならない。自転車通勤の移動時間はクルマと変わらないけれど準備時間がとにかく長いのがネックなのだ。

自転車通勤にあこがれがあるのだけれどとにかくボクにとっては敷居が高い。ランをできなかったぶん自転車通勤でカバーしようなどと考えても、結局ランの方がお手軽だよね、ってことで堂々巡りをくりり返してしまうのだ。

長々と不毛な話を書いているけれど、結局ボクの言いたいことはこうだ。
あぁ乗るまでの敷居の低い自転車があればいいのに…。

ボクが思い描く理想の自転車はこうだ。

  • マンションの自転車置き場に置きっぱなしにできる
  • 泥よけつきで雨の日も安心
  • オートライトで電池交換不要
  • リアの赤色灯もできればオート
  • かご付きでカッパや荷物を放り込める
  • もちろんスタンド付き
  • ついでにチェーンガードも
  • パンクしづらいタイヤ
  • できればクイックリリース
  • そして安い。5万円以内が理想。
  • クロスバイク並みにはスピードを出せる
    (巡航28kmぐらいが苦にならない程度)
とこんなかんじ。つまりママチャリでありながらその性能はクロスバイク並みの自転車っていうのが理想だ。気軽に扱えていつでもサッと乗れる。普段着で乗れて雨の日の水ハネも気にしなくていい。(ホントはいけないのかもしれないけど)ママチャリに混じって歩道をゆっくり走ることもできるし、急いでいるときは道路をロードに混じって走れる。通勤距離27kmを1時間10分以内で走れる…こんな自転車があればヘビーローテーションで乗ります。


WEBでいろいろ探してたらサイクルベースあさひのPBブランドでオフィスプレスっていうのがある。全部の条件を満たしてはいないけどかなり近い気がする。これなんかどうだろう?


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。