スキップしてメイン コンテンツに移動

もうすぐスパルタスロンのエントリー開始ですね。

今年のスパルタスロンのエントリー開始は2月2日からのようです。
2015年は出場資格が少し変更になって厳しくなってますね。

参加条件

競技者はよく鍛えられ経験を積んだ18歳以上の健康なランナーであること、また、下記条件のうち少なくとも1つを充たせば、スパルタスロン参加の資格を得ることができます。2013年から2015年に行われたレースである必要があります。申込時に記録証のコピーをお送りいただきます。
  1. 36時間以内にSPARTATHLONを完走したことがある。
  2. SPARTATHLONのレースにおいて、チェックポイント 52のNestani(172km地点)に24時間30分以内で到達したことがある。
  3. 10時間30分以内に100kmのレースを完走したことがある。(注1)
  4. OLYMPIANのレース(旧NEMEA-OLYMPIA)を28時間以内に完走したことがある。
  5. 24時間レースにおいて、最低180km(男性)または170km(女性)を記録したことがある。
  6. 48時間レースにおいて、最低280km(男性)または260km(女性)を記録したことがある。
  7. 29時間(男性)または30時間(女性)以内に200〜220kmのノンストップレースを完走したことがある。(注2)
  8. 220km超のノンストップレース(135マイルのBadwaterレースを含む)で、41時間(男性)または43時間(女性)以内に完走したことがある。
  9. 22時間30分(男性)または24時間(女性)以内に100マイル(161km)のレースを完走したことがある。
  10. 12時間30分(男性)または13時間(女性)以内に「Euchidios Athlos」を完走したことがある。
  11. 33時間(男性)または34時間30分(女性)以内に「RODOPI ADVENDURUN」を完走したことがある。
(注1)翌年(2016年)からは100kmのレースで、男性10時間、女性10時間30分となります。
(注2)翌年(2016年)からは200〜220kmのレースで、男性28時間、女性29時間となります。
今までは一昨年に出場した100kmレースのタイムで出場資格を満たしていたのですが、今年はこれが失効するため出場資格はなくなったものだと思っていました。が、よくよくみるとhの220km超のノンストップレースで41時間以内完走という条件を昨年走った「土佐乃国横断遠足」が満たしているようです。

申し込み資格がある、と思うと少し未練が出てくるのですがやはり今年はエントリーを見送ることにします。

ところで、日本支部のエントリー資格には書かれてないのですが、公式ページの最後に書かれている記述が気になってます。
Athletes, who have participated five times in the race and have never been able to finish, will no longer be accepted.

「スパルタスロンに5回参加して完走できなかった選手は、もはや参加することができません。」って書いてあるように思うのですが、これは日本のように支部が定めたエントリー資格がある場合、このルールは適用外ってことなんでしょうか。いつかまた参加してみたいと思っているだけに気になります。

ちなみに公式ページのエントリー資格が記載されているページはこちらです。

http://www.spartathlon.gr/registration/reginfo.html

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。