スキップしてメイン コンテンツに移動

徳島の「四国の道」ランがおもしろそう。

Photo以前から気になっていた「四国のみち」が今月号の「徳島人」で特集されてたので即買い。

 いつものランコースを外れて走っているとよく「四国のみち」と書かれた道標を見かけることがあるんです。あれ、なんとなくオススメのコースみたいなモノなんだろうな、とは思っていたのですが道の起点終点もわからないのであまり深く考えずにスルーしてたんですよね。「徳島人」さん、ありがとう!


Wikipediaで調べてみると「四国のみち」には環境省と国道交通省の設定したルートがあるみたいですね。


四国のみち(しこくのみち)は、四国全域にある歴史文化指向の国土交通省ルート(約1300km)と、長距離自然歩道構想に基づく自然指向の環境省ルート「四国自然歩道」(約1,600km)からなる遊歩道である。

コースを見てみると多くのコースが8~15kmくらいでとってもお手軽。なかには30kmを超える手強いコースも含まれていますがそんなコースはごく一部。これなら気分転換に走りに出かけてもおもしろそう。

興味が湧いたのでさっそくコースのパンフレットをもらいに徳島県庁へ。

Photo

パンフレットは1回の県民サービスセンター内にありました。職員の方にお話をお伺いすると「徳島人」に掲載されたおかげで今月は「四国の道」のパンフレットをもらいに来る人が多いらしいです。「徳島人」の影響力恐るべしっ!

冊子は各コース毎に分かれていて全部で24コース分ありました。もらっていく人が多いせいか一部のコースはパンフレットがなくなっていて、代わりにコピーしたものが置いてありました。

Photo

各コースのパンフレットを眺めているだけもたのしい。どのコースも景色のよい場所が選定されているので走ってみたくなります。

とりあえず気軽に出かけることができそうな近場のコースから走ってみます。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。