スキップしてメイン コンテンツに移動

自宅~高松70km、脚は全然、気持ちはまだまだ

最初の休憩12km 暑いね。けっこう汗掻く。70km走行ってきました。予想はしていましたがやっぱりきつい! 今回走った自宅~高松駅コースはスタート直後の6kmあたりまではコンビニがあるものの、それをすぎると25kmまでコンビニがないんです。わりとスタート直後って水分も食料もいらないじゃないですか。
で、調子にのって走っていると25kmのコンビニにたどり着くまえに脱水の兆候が出てくるんですね。あたまでわかっているつもりでしたがまた同じ失敗をしてしまいました。

25kmのローソンで水分補給はしたものの30km手前でふくらはぎの強い疲れと痛み。乳酸がたまっているかんじの痛みです。ペースは30kmまではキロ5分台後半、30km以降はキロ6分台中盤です。止まっての休憩や歩きも入るようになってしまいました。

乳酸がたまっている痛みは水分補給をしっかりとってしばらくすると徐々に消えてきますが、40kmキロをすぎてからは今度は曲げた腕、腰、膝に筋疲労による痛みがではじめました。

30kmで早くもへたり込む。 足もみタイム。

今回はペースが遅いこともあって心肺の疲れを感じることはなかったですが、自分で判断してみて、今の体力で40kmを走りきれるペースはキロ6分台で精一杯だと感じます。

走っていると蒸し暑いぐらいの気温でしたが、いったん歩きが入ると汗冷えがして寒く感じます。ウェアは薄いTシャツの上に、ポリエステルのポロシャツ、さらにその上に厚めの長袖を着ていました。3枚重ね着+背中にザックでも寒く感じるのでやはりボクは寒いのがニガテなんでしょう。

今回試したシューズ、adidas energy boost 2 ESMはやはり親指の爪が少し当たっているようで30kmすぎからすこし指に痺れがありました。ただ走り終わった後に爪が死んでしまうことはなかったです。

時計はSUUNTOを使用しました。今回は10時間以内を見積もっていいたので長時間モードは使用せず、GPS測位も1秒間隔の高精度で使用。一応これでも12時間は保つはずでしたが、なぜか50kmあたりでバッテリー切れになってしまいました。

50km、約6時間。 コンビニ2回とすき家1回。 チェックインは24時。間に合うか?

一応予備として動かしていたスマホのランニングアプリEndomondo、こちらは心拍センサーも拾わせるためにBluetoothもONにしていたので8時間ぐらいしか保たないと思っていたのですが予想外のバッテリーの保ちをみせて、写真やFacebookなどを利用しながら70km、9時間を走りきったあとに約40%の残量がありました。これならウルトラマラソンとかでも充分実用になりそうです。

60km手前からはふたたびふくらはぎに乳酸痛。ここからはほとんど歩きです。予定より1時間近く遅れてのフィニッシュとなりました。次回走るときはこの乳酸痛対策を考えておかないといけません。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。