スキップしてメイン コンテンツに移動

これアカンやつや。脱水からの膀胱炎。

Photo前日、自転車通勤と夜ジョグで体重がかなり落ちていたのにもかかわらず水分補給をしないで寝てしまったせいで、朝起きたときからすこし脱水気味。
走り出して1kmも進まないうちにきつめの尿意切迫感。この感覚は過去に経験がある。脱水からの膀胱炎。気温はそれほど低くないのに鳥肌がたちっぱなし。

こんな状態での60km走でした。最初はガマンして走ることも出来たんですが、途中30kmくらいから脱水がよりすすむと額から冷や汗がでるのにカラダはまったく汗を掻かなくなり、鳥肌が立って悪寒がとまらなくなりました。歩いているときはまだガマンできても走ると振動で神経が刺激され尿意が止まりません。悪いとは思いつつもカラダがガマンできないので草むらに入っていっておしっこをしようとするのですが全然出ません。もうずっとこれの繰り返し。途中ペットボトルの水を7本、さらにスタート時に携帯していたぶんとモーニングを食べに入ったときに摂った水分をくわえると5リットル近くの水分を摂ったはずなんですが最後まで症状が改善することはありませんでした。これ土佐乃国で同じ症状出たらアウトやな。

収穫は、距離に脚が慣れてきたこと。先月は20km以上の距離を走ると脚が鈍く重たくなっていたんですが、そのかんじがでるのが40km以降になり鈍さも和らいできました。先月は30kmで泣きが入ってましたからね、かなり進歩です。

STRAVAのデータは、移動時間で表示されているので症状がひどくて止まっている時間とかモーニングを食べている時間とかは省かれています。あくまでもムービングタイムです。走れている間は平地でキロ5分半~6分ぐらい。速いペースはまったくダメだけどキロ5分半ぐらいならばなんとか走れるようになってきました。

今フルマラソン走ったらサブ4できるかも。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。