スキップしてメイン コンテンツに移動

土佐乃国横断遠足のウェアなど…

Photo日曜日の60km走で膀胱炎になってしまってそのダメージが抜けません。まだ完全に炎症が治まっていないような気がするのでランは今週ずっとお休みです。一度膀胱炎になるとロングを走るのがすごく不安になるんですよね。来週が大会なのに憂鬱です。


その土佐乃国横断遠足、そろそろ装備品等の準備をはじめています。

ウェア等の装備ですが、秘密兵器的なものはなく基本的に家にあるものが中心です。

まず下着類ですが、上下共にユニクロのエアリズムです。ブリーフは縫い目のないシームレスタイプ、シャツは脇の擦れ防止のためにTシャツの下に着込みます。

ランパンは家にある(メーカーは覚えてない)ポケット付きのランパンのいずれか、上のシャツはTシャツの代わりにユニクロの襟付きシャツを着る予定です。襟付きシャツを着る理由は首回りの日焼け防止とザックによる首回りの擦れ防止のためです。あとウィンドブレーカーもユニクロのヤツ…ラインアップのユニクロ率高いっ!

靴下はメリノウールの5本指ソックス。ひょっとしたら穴が開いていたかもしれないけどもう買うのもめんどくさいのでそのまま行きます。帽子は去年買った首のうしろに日焼け防止の布のついているタイプ、cw-xだったような気がします。腕はこれまた日焼け防止のためにアームスレーブ、これも何年か前に買ったヤツがあるので流用です。

レインウェア関連は愛用のトレントフライヤー…ふだんのバイク通勤で使っているので撥水性は落ちているかもしれません。あとノンブランドのシューズカバーです。雨具に関してはまだ天気がはっきりしないのでどこまでパッキングするかは流動的です。

シューズは今のところブースト ジャパン。予備にサロマレーサーです。昔はシューズの合う合わないを気にしていたのですが最近では無頓着というかサイズさえ合っていればどのシューズでもあまり気にならなくなりました。

ザックはアルティメットディレクション。これに前半はボトル2本差しでいく予定です。

超ロングはそれほど速いペースで走ることはないので、ランニング中の放熱に気を遣うより体温やコンディション変化に対応できるウェアリングがいいのかな、と考えています。より速く走れることよりも、いかに障害となるものを取り除くかに重点を置いています。

去年の土佐乃国横断遠足より1年、この間ウルトラマラソンも100km超の練習もまったくしていません。1年ぶりの100km超ランです。不安も大きいですがとにかく100kmさえすすめば、あとはなんとかなりそうと楽観的に考えているところもあり、不安と期待が入り交じった気持ちです。

タイムはともかく、完走したいです。
出場されるみなさん、よろしくお願いします。



このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。