2015年6月30日

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

Photo諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

自転車購入にいたった経緯については説明が長くなるので端折りますが、まぁつまり手持ちの自転車がボロボロになってしまいメンテナンスをしようにも費用がかかりすぎるのでそれならばいっそ買い換えたほうがいい、という流れです。

ロードは一台もっていますがいつも部屋に置いてるんです。ボクはマンション住まいなので部屋に置いている自転車を引っ張り出すのはかなりめんどくさいんですよね。部屋や廊下の壁に傷つけないように引っ張り出し、自動クローザーで閉まってくる狭い玄関ドアをなんとかくぐり抜けて、エレベーターで他の人が乗っていないタイミングを見計らって1階に自転車を下ろす…。帰ってくればまた同じ手間をかけて部屋に片付ける必要があり…ハァ、めんどくさいわー。

さらにウェア、ヘルメット、サングラス、シューズの準備なんていってたら時間がかかりすぎて通勤で自転車を使う気になりません。そうなると結局乗らなくなるんですよね、自転車に。だからマンションの駐輪場に停めておいて乗りたいときにささっと気軽に乗ることのできる自転車が欲しかったんです。

で、買ったのはこれ。

Photo

ブルーノのミニベロです。ボクが買ったのは2014年モデルですが今年の2015年モデルは定価79,800円です。ボクが買った前年モデルは定価63,000円なので今年からずいぶん値上がりしています。ちなみに去年モデルなので3割引きの44,100円で買えました。これにオプションでスタンド付けて防犯登録して消費税込みでだいたい50,000円ぐらいです。

安っ!


PhotoPhoto PhotoPhoto PhotoPhoto PhotoPhoto

おしゃれな外観です。ロードに乗るときはいかにもなレーシーなバイク用ウェアに身をつつまないとバイクとミスマッチ感がありますが、この自転車ならばカジュアルな普段着で乗ってもばっちりです。というかむしろレーシーなウェアが似合わない!

購入する前は変速機やブレーキなどの各パーツが(自分の知っているシマノなどのレーシングなものじゃないので)安っぽいから走らないかも、とか満足できないのではと考えていたのですが、いざ乗ってみるとどのメーカーのものでもパーツの素材がなんであってもちゃんと整備されていれば気持ちよくのれるというアタリマエのことにあらためて気が付きました。性能至上主義みたいなのはいかんなぁ〜。


Photo

ミニベロは遅いし長時間乗るのはキツイから、いやになってスグに乗らなくなるかも…ってすこし心配をしていたのですが、いやぁぜんっぜんキツくないしけっこう走ります。快適快適。むしろ最高!

さすがにロードほどはスピードでないしアベレージも落ちます。でもロードで通勤路を走るとおおむね1時間5分くらいでしたが、この自転車で走っても1時間10分〜15分くらいで走りきります。マンションからの自転車の出し入れの準備時間も含めると通勤にかかる時間はほぼ同じ。しかも普段着で気軽に乗れるので自転車通勤のハードルが下がりましたよ。

ロードとくらべてタイヤ幅があるので路側帯のアスファルトとコンクリートの境目や側溝の金属蓋などを通過するときの不安もへりました。あと感覚的なものかもしれませんけどロードの細いタイヤよりもパンクしづらそうなのもいい。

ブルーノは補助ブレーキレバーがついているのでポジションの自由度が高いのもポイント。幅広タイヤやクッションの入った大きめのサドルで乗り心地もよく乗るのがほんとラク。ボクの場合、ポジション等の関係でロードで通勤するよりもこの自転車で通勤したほうがカラダがラクにかんじます。


Photo

いやーほんと買ってよかった。最近のロードブームってどうしてもいい自転車がほしくなるじゃないですか。タイムは金で買える…みたいな。デュラエースにアルテグラ、ホイール買えるだけでン万円〜ん十万円なんてバブリーな話はゴロゴロ転がっています。

でも意気込んで買ったロード、乗ってみると思ってたよりめんどくさかったり、思ってたよりポジションもきつくてしんどかったり、構えすぎて気軽に乗れなかったり、そんなジレンマがあったりするでしょ。でもこのブルーノにはそんな気負いみたいなのがないんです。気軽に乗れてそこそこ速くてきもちいい。

いやぁ最高じゃないですか。
もしロードがいまいち楽しく感じてない人がいたら、オススメですよこの自転車。