スキップしてメイン コンテンツに移動

暑い時期のウルトラ対策のために酷暑の中を走るのはナンセンス、と思うボクの考え

おいっ、日本の夏ってこんなに暑かったか? とうぜん走る気になるはずもなく自分自身に課した1週間で2回のランの目標は守られることなく週一ペースの低空飛行を続けています。


さて丹後まであと1ヶ月。なんとか100kmの道のりをのりきれるからだづくりをしなければなりません。丹後といえば「暑さ」です。暑さに強いからだづくりをするには汗腺をひらいて発汗できるようにするのがいちばん!まずは暑さに慣れて汗をしっかりかけるからだにする必要があります。

とはいってもボクの場合、最近では体育会系ノリなトレーニングは敬遠がちでどんどんラクチンな内容に流れていく傾向が強くなっています。でもクソ暑いときに外走っても日差しにやられて気分悪くなるか、脱水もしくは熱中症で体調崩すだけじゃないかと思うんですよ。だからいくら「丹後」対策だからといっても日中にロング走をやるようなことはしません。精神修行になっちゃうよ。まぁボクも以前はわりとやってたんですけど、それ。

今の季節は早朝や夜に走っても充分に汗腺をひらくという目的を達することができます。今までの経験から一週間もすればしっかり汗をかけるからだに変えることができると思うので焦らなくても大丈夫、なはず。

日差しに慣れるっていうのはひょっとしたらアリなのかもしれないけれど、どちらかというと百害あって一利ありぐらいのものであんまりおすすめできない。たしかに日に肌をさらし続けたら日焼けに強い皮膚はできるけれど、それより完全防備で走ったほうが体力的なダメージは少ないですよね。そんなことより日差しにやられてからだがぐったりなるダメージのほうがよっぽど走力・体調を後退させると思う。

水分をとらずに走る練習なんかもってのほか。血がドロドロになって循環器系のリスクを高めるだけ。ほんとにアブナイのでやめてください。ムカムカに耐えるため、どんなコンディションでも食べられるようにするために胃腸とか鍛えるみたいなはなしもよく聞くけれど内臓は鍛えるものでなく、どうやって守るか考えたほうが理にかなっている。

ボクは暑い中でムリをするようなトレーニングは今はしたくないです。
だからやるのは汗腺をひらく、これのみ!です。

筋持久力に関しては1ヶ月間そこそこの回数をジョグして1、2回ちょっと長めの距離を走っておけば100km走っても筋肉痛にならない、と思う。

不安なのは心肺持久力と体重。5月下旬からほぼノーラン生活を続けてきたので、ちょっと速めのペースで走るだけで呼吸が浅くなって苦しくなるし、走ってなかったぶん体重もしっかり増えてます。ウルトラでは速いペースは必要ないけれど、長い距離をイーブンペースで走りきるにはやはり心肺持久力(心肺の筋肉的な持久力と最大酸素摂取量や乳酸性作業閾値)が必要です。走力向上のためのアプローチはランナーによってそれぞれでしょうが、ボクの場合はLSD走を行うよりは速いペースでのランニングが心肺持久力向上に役立つと考えています。でもインターバル走は好きじゃないから、のこり一ヶ月でやるとしたら距離をいくときにすこし速めのペース走にするのがいいかな。

とりあえずお盆までちょこちょこ走ってみて、現在の走力を確認してみます。
10km、キロ5分がひとつの目安、で。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。