スキップしてメイン コンテンツに移動

丹後100㎞ウルトラマラソン、今回も無事完走できました。

Photo丹後100㎞、無事完走することができました。

今回はスタートからゴールまでラン仲間と一緒でした。タイムは13時間17分。二人で走るとどちらかが長めのエイド休憩を必要としたり、体調の落ちているときに一緒にペースダウンしたりするので一人で走るよりはどうしてもタイムが落ちてしまいます。
とくに今回はボクが胃がやられてしまい仲間には迷惑をかけてしまった時間が多かったです。でもおかげさまで道中たのしく話をしながらのんびりまったりと丹後をたのしめました。



ペースと流れですが、とりあえず七流峠の復路が終わる浅茂川漁港まではしっかり走ろうと決めていたので46㎞まではなるべくペースを崩さずに走りました。。ペースはスタートは混雑するので無理をせずキロ6分台(スタートのタイムロスがあるので最初の1キロは7分台)。丹後のコースはスタートしてほどなく七流峠に入っていくのでそのままゆっくりのペースを維持してやはり6分台で上り、下りはじめてからキロ5分20~40に収まるように走っていきました。途中トイレに行ったエイドと、急な土砂降りで雨宿りで10分弱止まりましたがそれ以外はわりとコンスタントに走っています。雨は夕日が浦の海岸沿いを走っているときに土砂降りになりました。それまでも走っていて体が肌寒い状態だったので体を濡らすことを嫌ってしっかりと雨宿り。でも休んでいるのは自分だけでした。みんな雨が気にならないみたいです。強いなぁ。

心拍数は上りでは一時的に150近くに上げることもありましたが、平地は130~135あたり。この時間帯は気温も低心拍数を上げることなく走ることができました。浅茂川漁港到着は4時間30分前後。ここまではイメージ通りです。残り55㎞を9時間30分かかってもいいことになりますからほぼキロ10分近くで大丈夫、つまり歩いても完走できる計算です。
とりあえず浅茂川漁港でうどんとマッサージ。今回は3か所のエイドで全部マッサージしてもらいました。極楽極楽。

とりあえず46km キロ6くらい。

もともと今回の丹後はファンランと完走が目的なのであとは無理をせず景色を楽しみながら100㎞の距離を踏む練習のつもりでのんびりと進みました。ここから先、脚と心肺は問題なかったのですが胃がやられてしまってかなり歩きました。吐きそうになったら休む、エイドで10~15分くらい横になるの繰り返しです。一緒に走っていたラン仲間のエイドでの着替えを待ってゆっくりしたり、相方の足が痛いところを一緒に歩いたりで二人とも後半はかなりのスローペース。間人でアイスキャンデーを買って食べ歩きをしたり、コース脇の駐車場で大の字になって昼寝をしたりと散策モード。とくに95㎞以降はゴール100m手前まで完全にベタ歩きです。でもそのおかげで午後から天気が回復してきた丹後の素晴らしい景色を堪能することができました。

Photo

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。