スキップしてメイン コンテンツに移動

ラン&バイクのハイブリットで減らせ体重、体脂肪!

Photo体重を絞ろうとしているんですが、これがなかなか…。最近走っているはずなのに一向に体重が落ちてこないのでジョグ&バイクのハイブリッドで攻めてみます。


ボクの体重だと10㎞走ると脂肪換算でおおよそ90gぐらい減る計算です。自転車通勤は往復54㎞でランに換算すると21.6㎞。単純計算だと自転車通勤で1日あたり194gも減る計算になりますが通勤時の運動負荷はかなりゆるめなのでざっと3分の2ぐらいのカロリー消費と見積もって130gぐらいの脂肪燃焼効果といったところでしょう。

週4回の自転車通勤で500g、週60㎞ぐらいのジョグで500g、合わせて週1000gの脂肪減が目標です。

 今日のラン。 息を弾ませることなくゆっくりと。このかなり余裕をもって走れたのでこのペースならもっと長い距離でも走れそう。

発汗量についてですがラン前とラン後の体重差は1.2㎏でした。ラン途中で500mlのペットボトルを飲んでいるので発汗量は1700㏄。走った距離が16.6㎞ですから、今日の気温、ランペースでの発汗量はおおよそ1㎞あたり100㏄ということになります。ちなみに今日の気温はスタート時点が24℃。ペースはキロ5分40秒弱といったところです。

このペースは時速だと10~11㎞相当ですから、発汗量としては1時間当たり1000㏄ちょい。1時間で体内に吸収できる水分量が700㏄とすると1時間で300~400ccずつ脱水が進行することになります。脱水になるかどうかを基準とするならこのペースでは100㎞保たないですね。ちょっと考えないと…。

 

ちなみにこちらはいつもの通勤ライド 。推定平均パワーが90Wしかないのが泣けます。まぁこちらは通勤なので無理せずいきます。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。