スキップしてメイン コンテンツに移動

さぁ四万十川ウルトラマラソン!目標タイムは…

Photoさぁいよいよ四万十川ウルトラマラソンです。
今回は目標とするタイムがあります。

8月からラン再開してほぼ2か月経ちました。体重は再開前より3㎏減、5月の土佐乃国前と比較して1㎏重いだけというところまで戻すことができました。
距離で走力を測るのはナンセンスですがこの2か月間の走行距離は丹後の100㎞も含めると約600㎞、1か月あたり300㎞程度走っていることになります。ずいぶんカラダも走ることに慣れてきてキロ5分での心拍数も140~140半ばまでで収まるようになってきました。

ぼくの場合、ウルトラマラソンでの心拍数は140~150あたりを意識して走っています。序盤は140、中盤からは心拍ドリフトが起きるので145~150になります。単純に今の練習時の心拍数だけを見るとキロ5分あたりで走ってもいけそうな気がします。でも実際はそんなにアマクナイ。いくら脚筋力、心肺持久力、メンタルにダメージがなくても消化器系がやられてしまうと脚が止まってしまうのがウルトラマラソンです。ラクに走れているからと調子に乗っていると知らぬまに脱水になってしまって気が付いたときには時すでに遅しということになりかねません。

キロ5分できもちよく走れるようになってきたので欲張って目標9時間ぎり!といいたいこところですが、冷静に考えてボクにはそれほどの走力はありません。昨年のスパルタスロン、今年の土佐乃国横断遠足、丹後100㎞ウルトラマラソン、すべて胃腸系のトラブルでつぶれています。だから今回は水分補給の配分に気をつけて、脱水を起こさないよう、吐き気をもよおすことがないよううまくコントロールしながら走ることを第一に考えます。タイムは10時間を1秒でもきればよし、へんに色気を出して自己ベスト更新などとは考えないようにします。なので設定ペースとしてはキロ5分30秒前後を目安に走ることにします。

今回の目標

  • サブ10
  • 胃腸系のトラブルなしで走りきること
  • フォームを崩さずどこも傷めず走りきること
  • ゴール後の主観的疲労度が50㎞走程度になるように走ること
この4点を意識して走ってみます。
もうすこしスピードをつけるのは春までの課題にしておきます。



このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。