スキップしてメイン コンテンツに移動

ママチャリツーリングのすすめ

ママチャリツーリングがアツいです。

先月ママチャリでアワイチ…自称ママイチをやり、先週ママチャリで鳴門一周…自称ナルイチをやりました。ママチャリ、たのしーです。

一応自転車はロードとミニベロももっているんですが、それらよりもママチャリでツーリングに出かけた時がいちばんワクワクできました。なぜママチャリがたのしいか、そのあたりをジブンなりに分析してみたいと思います。



1.シンプルだから楽しい

たとえばオートバイでリッタースポーツのようなレーシングなバイクってきっと持て余す(中型しか免許持ってないから想像でしかないですが)と思うんです。フルスロットルにする機会なんてほとんどないしバイクの限界が高すぎて性能を使いきれないんじゃないでしょうか。その点原付や250㏄ぐらいのバイクなら性能を使い切れるかんじがして操る楽しさみたいなものがあります。

クルマでもきっと一緒なんじゃないですかね。やたら性能の高いスーパーカーを走らせるよりもむかしの限界の低いAE86で後輪を滑らせたりするほうがたのしかったりしますよね…スーパーカー乗ったことないですけど。

ランニングだって一緒です。オーバープロネーションやら軽量化やらシューズに多くの機能や価値がつけられていますが、そういった価値と反対方向…たとえばワラーチやビーサンでのランニングがたのしいという人だっていますよね。結局価値観の問題になってしまうんですがタイムを短縮できることと「たのしさ」は常にイコールというわけじゃないんですね。速く走れたからって楽しいとはかぎらない。

自転車だってきっと同じだと思うんです。ほんとうにその価値通りの性能を引き出しているかわからない高性能高価格すぎる自転車に乗るよりも、シンプルでローテクだけれど使い切ってる感じがするほうがたのしい気がします。ママチャリはとにかくシンプルです。できれば変速機なしのシングルスピードがいい。シンプルだからこそ、道具の差が出にくいんです。つまり自分のチカラやテクニックで結果が変わってくる。そこがたのしいんですね。

2.だれでもたのしめる

たぶんどこの家にも買い物や通勤通学に使っていた自転車がありますよね。そのチャリでいいんです。たとえ持ってなくても1万円少々で買えます。1万円少々なんて今どきのランニングシューズ1足分の値段です。ロードバイクみたいに家族会議にかけなくても気軽に購入できます。あたらしいシューズを買うぐらいの気分であたらしいギアが買えるんです。これはお得です。

また敷居が低いのもメリットです。ロードバイクの前傾が不安な人、トップチューブの高さが不安な人でも、ママチャリに不安を感じる人はいませんよね。誰でも乗れる。
誰でも持ってるし誰でもすぐ乗れる。友達同士でツーリングに行こうと声をかけても老若男女だれでも参加できます。これほど敷居の低いスポーツはほかにありません。

3.意外に高性能

ママチャリ、侮ってはいけません。シングルスピードのママチャリでも脚をクルクル回してケイデンスを上げればかなりの巡航速度が出せます。またギアが軽いので想像以上に坂道もぐんぐん上っていけます。100㎞ぐらいのツーリングなら余裕でこなせます。

4.気軽に乗れる

なんといってもママチャリですからね。そんなに気を使うことがありません。雨に濡らしたらマズイとか、盗難にあったらどうしようとか、そんなこと大して気にしません。駐輪場に野ざらしに置いておくのがアタリマエ、カギは自転車にあらかじめ取り付けられているもので十分です。

ツーリング途中で雨が降ってきてもちゃんと泥よけがあるので水ハネも気にする必要がありません。暗くなってきてもライトも反射板もとりあえずは自転車に標準装備されています。タイヤは丈夫でパンクもしづらいし、フレームも頑丈なので多少自転車を倒してしまってもそんなに気にすることもありません。

前には大きなかごがついているのでツーリングに出かけるときも気兼ねなくなんでも持っていけます。荷物を最小にパッキングする必要なんてなし! ツーリング途中で買い物してもかごに放り込めばいいし、大きなものを買っても荷台にくくりつければたいていのものは持って帰れます。

5.寒さにも強い(はず)

ママチャリですからね。寒ければぶっさいくなハンドルカバーつけても違和感ありません。シューズだってSPDなんか無縁です。防寒ブーツを履けば指先も足先もちんちんに痛くなるほど冷えることはまずありません。ウェアだって何枚重ね着しても大丈夫です。暑くなれば脱いでかごに放り込めばいいんです。きっと真冬のライドでも最強です。

6.運動効果も高い

ママチャリであってもトレーニング効果はロードバイクと変わりません。軽いギアでくるくる回すので美脚効果が期待できます。競輪選手のような大きな太ももになることはありません。また有酸素運動ですので脂肪燃焼効果もばっちりです。ママチャリ、お手軽な美容ダイエット効果アリ、です。

とママチャリ賛美は尽きないのですが、ボク自身が感じているママチャリのたのしさは「超ウルトラ」や「旅ラン」「冒険ラン」とおなじ感覚があることです。旅ランの目的がタイムではないようにママチャリツーリングの目的もタイムではありません。ワクワク感のあるチャレンジやコースを走り、その環境(ママチャリ)なりのスピード感を味わい、その行程そのものをたのしみ、冒険心を満たす。ランで走るアワイチランとおなじワクワク感がママチャリで走るママイチにもありました。この感覚、病みつきになるんですよね。

ぜひ一度試してみてください。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。