スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

食べることと走ることについてボクの思うこと

食べることと運動すること(走ること)はとても似ている、と思う。

食べすぎることも食べなさすぎることもカラダによくない。それと同じように運動しすぎることも運動をしなさすぎることもカラダにはよくない。勝手なイメージ付けなのだけれどボクはこんな風にとらえている。

インターバル走についての考察

インターバル走について考えてみます。

・乳酸性作業閾値向上
・最大酸素摂取量向上
・ランニングエコノミー向上

マラソン走力向上のポイントとなるこの3つの要素のうちインターバル走の目的は一般的に「最大酸素摂取量向上」といわれています。では最大酸素摂取量って身体のどの部分を強化しどんな能力を引き上げたら向上するんでしょう? これはボクの想像なので間違っているかもしれません。ですがこう考えるとインターバル走の効果について納得できたので、あえてボクの解釈をここに書いてみます。