スキップしてメイン コンテンツに移動

いよいよ今週は土佐乃国横断遠足

さぁそろそろ今年も土佐乃国横断遠足。今週の金曜日にスタート。 目下の心配のタネは右膝裏の痛み。GWに行った龍馬脱藩のときに傷めて、まだ治ってない。これといった対策もないので金曜日の本番まではノーランで足を休めることにする。
あと気になるのは毎年悩まされている擦れと嘔吐の問題。ただ擦れに関しては先日の龍馬脱藩ではプロテクトJ1をしっかり塗っていたらいつものお尻の擦れはでなかった。足はマメだらけになってしまったけど、あれは長時間の雨のトレイルだったので仕方ないのかもしれない。 いちばん心配しているのは嘔吐。去年はとにかくひどいありさまで赤岡~桂浜までとにかく吐いた。浦戸大橋上り口で紅茶花伝を1本飲んで上りきる前に道に這いつくばって涙を流しながら永遠に続くかと思うほど長く吐きつづけたのはトラウマ。もうあの苦しさは二度と味わいたくない。さて吐かずに進むためにはどうしたものか。 数年前、はじめて吐いたときは対策として水分の摂取を控えることにした。その結果脱水にやられた。その次にとった対策は経口補給液を飲むことだった。かなりうまくいったけれど補給液(スポーツドリンクではない)を常時確保することが難しかった。それでも結局飲みすぎて最後は胃のむかつきはとまらなかった。次は胃のむかつきをおさえるために水を10分おきにこまめに摂取する作戦も試してみた。これは胃の中に残る水分が多いと走っているときに胃が揺られて気分が悪くなっているのだろうという仮説をもとにした対策だった。失敗だった^^; 次に試したのは水のみの補給。理屈の上ではこれがいちばん体内への吸収が早いはずだ。でも水ばかり飲み続けると体液濃度が下がってしまうのか身体が受け付けず最後は吐いてしまう。結局どれをためしてみても効果はなし。そこで今年はごくごくまっとうな作戦をためしてみることにした。 走らない。ペースを上げない。 もうこれしか思いつかない。これでダメならやりようがない。 土佐乃国ではいつもキロ6分ペースぐらいで入る。でも前が速いのでいつのまにか引っ張られてキロ5分30~40ぐらいまでペースが上がっている。このペースはいつものジョグペースに近いので走りやすい。でも5月下旬の高知、日陰なし。背中にザックを背負って240km超を走るためには、すくなくともボクには早すぎるペースだったのだと思う。このペースでいくと発汗量もかなりの量になる。それに見合うだけの水分補給をしようとするとどうしても水分を摂りすぎたり、あるいは少なすぎたりして吐き気や脱水の症状が出てきてしまう。一旦バランスを崩してしまうと一気に体力と気力を奪われてしまう。そうなるともう絶望しか残ってない。 今年はとにかくゆっくり行こう、と考えている。とにかくゆっくり。平地キロ7分でいい。信号待ち、休憩、坂道を考えるともっと平均ペースは遅いかもしれない。でもフラットを走っているときはキロ7分。ちょっと体調不良を感じたら歩く、休む。 とにかく気温が下がる夜が来るまで、桂浜にたどり着くまではできるだけ体力を温存して消耗しないように進むつもりだ。桂浜にたどり着いて、気温も下がってきた頃に走れる脚が残っていればそこから走ればいいんだ。なんせ時間はたっぷりある。 今年は完走。それがすべてだ。 いそがずにいくよ。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。